弘前末広に復活のらぁめん満来(ばんらい)で、初めての満来めん!

末広のらぁめん満来

末広のらぁめん満来


「あのらぁめん満来が復活!!」と写真つきの投稿がSNSに流れてくるようになった7月。

友人からお誘いをいただいて、真夏日にアツアツのらぁめんを食べに出発、主婦3人でランチしてきました。

(※この記事は、2017年7月20日時点のレポートです)


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年08月08日 | Permalink

アラフォー主婦が夏の弘前バル街で「ブラタモリ」見てきた

弘前バル街・夏もかだれ横丁からスタート

弘前バル街・夏もかだれ横丁からスタート


1年半ぶりに行ってきました弘前バル街!

5枚つづりのチケットを持って、弘前の街中をはしご酒できるこのイベント、2月と7月の年2回開催されています。

前回、初参加したのが2016年2月。

マイナス気温の極寒の中を震えながら飲み歩きしました。

↓前回の記事


今回はまだ明るい18時頃、いつもの屋台村かだれ横丁からスタートしました。

途中、NHK「ブラタモリ」弘前編を土手町コミュニティパークでパブリックビューイングしていたので、友人たちといっしょに見てきましたよ。

そんな、ちょっと変わった夏のバル街の記録です。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年07月10日 | Permalink

弘前・富田のスープライダースでとろけるホットサンドと手づくりスープをいただきます!


スープライダースのランチセット

スープライダースのランチセット


弘前市富田町に新しいランチ&カフェスポットがオープンしました!

その名も「Soupriders(スープライダース)」

場所は今年4月まで27年間愛されてきたピザ屋「ITALY」だった店舗です。

色々とご縁があったこともあり、正式なオープンを待ってさっそく行ってきました。


スープライダース入口

スープライダース入口


イートインもテイクアウトもできます

お店の中、座って食事ができるスペースはこんな感じです。

2人席のテーブルが3つ。

動かせるテーブルで、4人席と2人席にすることもできます。

カウンター横にはテイクアウト待ちの方用のイスも。


イートインスペース

イートインスペース


そして、秋からは奥にテントとアウトドアテーブルセットを使ったテーブル席もできました。


屋内でアウトドア風

屋内でアウトドア風


えっ、ホットサンド+スープ+サラダで600円!?
限定ランチセットが格安です(※休止中)

お店に入ったらカウンターでメニューを見ながら注文し、先にお会計を済ます前払いスタイルです。

(メニューは10月24日撮影時点の内容です。3枚とも拡大できます。)


メニュー1(スープとサンド)

メニュー1(スープとサンド)

メニュー2(デザート)

メニュー2(デザート)

メニュー3(テイクアウト)

メニュー3(テイクアウト)

本日のスープと本日のデザート

本日のスープと本日のデザート

ホットサンドとスープとサラダのランチセットが600円て!(11:00~14:00、限定20食)

ホットサンドとスープは上のメニューから選べます。

今日だったら本日のスープが単品だと400円なのに、ホットサンドとサラダ付いて600円はびっくり価格です。

バゲットセットも400円なので、小腹が空いた時にフラフラ行きそう…。

休日だった夫はハム&タマゴのホットサンド+オニオンスープのランチセット、
わたしはハム&チーズのホットサンド+本日のスープのランチセットにしました。

(2018年7月現在、ランチセットは休止中です)

そして、出来あがったらカウンターに受け取りにいきます。

チーズがトローんとのびて幸せでした…。


ハムチーズのホットサンド

ハムチーズのホットサンド


夫、ホットサンドにデスソースをかける所業に出る


カウンターにはお好みでかけられる調味料がたくさん。

ん、あのガイコツが付いているやつは……

DEATHソースだーっ!?

ユーチューバーが食べて悶絶してるやつですね、息子がよく見てた。

夫、最後の一口にデスソースをちょろっと。


デスソースかけてみる

デスソースかけてみる


食べて3秒後に水を飲んでました。

後からくるタイプの辛さだそうです。

デスソースの中でも辛い種類らしいですよ。

辛いのが好きな方はレッツチャレンジ!

Soupriders(スープライダース)ってどんな意味?

実は、ここの店長さんとは、以前こぎんフェスでお会いしていました。

わたしが開業した時と同じく、ひろさきビジネス支援センターのインキュベーションマネージャー石川悟さんに相談されていて、いわば同じ出身校で同じ担任にお世話になったような間柄。

お店のテイストは、店長さんご自身が家族でアウトドアを楽しんでいた経験から、街中でもそんな自然の空気を感じられたら、とご夫婦でつくってきたそうです。

お店の壁にはサーフボードがディスプレイされています。

「でも、わたしは波には乗らず、ほとんど浮いていただけなんですよ」
と笑っていました。

『Soupriders』という単語は、「スープのような穏やかな浅瀬にしか出られない初心者サーファー」という意味なんですって。知らなかった!

Instagram映えするお店づくり

ここの窓!

こんな風にお店の窓を背景にしてフォトスポットにできるそうです。インスタ映えしそうですね。

次はテイクアウトでやってみよう…。

駐車場はお店の裏側です

ナビだと品川・大富町方面から来られそうに案内されるんですが、途中に柵があって通り抜けできません。

富田町の通り(松森町交差点から桝形交差点に行く途中)の方から来て、お店のすぐ横の細い道を入って裏側に駐車します。(4台分)

細い道ですが、案外と人や車の出入りがあるので、車が通れるようにうまく停めましょう。


裏側に駐車スペース有ります(4台)

裏側に駐車スペース有ります(4台)


寒い季節はここであたたかいスープを飲みながら、津軽こぎん刺しをチクチク楽しんでみようかな。

店舗概要


Facebookはこちら


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年06月14日 | Permalink

「津軽弁はなぜ究極一文字にまで短縮するのか問題」を考えた

最短スイーツ「わ」と最短日本酒「ん」

最短スイーツ「わ」と最短日本酒「ん」


日本の方言の中でも、習得の難易度が高いと言われている「津軽弁」。

つい先日も、弘前で「息子が使う津軽弁と違う」と気づいた母親が、いわゆるオレオレ詐欺を見抜いて通報したというニュースがありました。


弘前に移住してもうすぐ5年になるわたしも、多少ヒアリングができるようになってきたものの、まだまだ年配の方に本気でしゃべられるとわからなくなります。

先日も道で寝てる酔っぱらいのオッチャンに話しかけたのですが、酔ってるし歯はほとんど無いしでサッパリわかりませんでした。

北海道は隣ですから、ちょっとは共通の方言もあるんですけどね…。

中でも、津軽弁の大胆な短縮ぶり! 面白いです。

1文字で表しすぎる津軽弁と、その理由を考えてみました。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年05月26日 | Permalink

札幌の人気スープカレー店SAMAの味が弘前で食べられるってうれしすぎる

大鰐IC手前にあるログハウスのカフェ

大鰐IC手前にあるログハウスのカフェ


当ブログに何度か登場しているこのログハウス。

弘前市石川の大鰐IC近くにあるカフェレストランです。

はい、今年の1月までハンバーガーのデュボワだった店舗です。


デュボワが弘前市役所隣に移転した後、この店舗はまた別のカフェレストランとしてオープンしていました。

その名も、「カフェ ボアソルテ」。

なんと、札幌で人気のスープカレー店「SAMA」直伝のスープカレーが食べられるのです!

札幌に住んでいた頃は夫婦でよく行っていたSAMA、まさかここであの味が食べられるなんて!と喜んで行ってきましたよ。

【7/2追記】ログハウスでの営業は7月17日(月)まで!

お店に行った友人からの情報によると、移転のお知らせが店舗に貼ってあったそうです。

今のログハウスでの営業は7月17日(月)で終了。

8/2より弘前市石川泉田21-2で営業開始とのことです。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年05月20日 | Permalink