弘前城秋の大祭典でチャリティープロレスを堪能!


9月の4連休、弘前公園では新型コロナ以降初めての大型イベント「弘前城秋の大祭典」が開催されました。

その中に、プロレスのチャリティー興行があったこと、あなたはご存知でしたか?

ブログに必要以上にプロレスのことを書き続けていたさいとう、ちゃんとチェック済みです。

大谷晋二郎選手が率いるプロレスリングZERO1の試合、青空の下で観て撮って来ました!


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2020年09月27日 | Permalink

青森で「地域の編集者」養成講座がスタート! いち受講者としての感想レポート


9/12(土)、青森市の東奥日報新町ビルNew'sホールで開催された「地域の編集者」養成講座キックオフイベント「指出さんと考える『地域の編集術』@青森」に参加してきました。

青森市まで出かけるのも2月のスマホ動画作成講座以来なので、半年以上ぶりです。

オンラインとオフライン、どちらでも参加できるセミナーにあえて弘前から小一時間かけてオフラインで参加してきたので、その感想と今後の連続講座についてご紹介します。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2020年09月20日 | Permalink

2020年の #不登校は不幸じゃない は初のオンライン開催でした


夏休みが終わる前の日曜日、学校に行かない生き方もあるよ、と学校が辛い子の居場所をつくるムーブメント「#不登校は不幸じゃない」、3回目となる2020年はオンラインでの開催でした。

新型コロナウイルスのために人が集まる場を作ることが難しい中でのオンラインですが、全国各地からの参加、国外からの参加者もあり、子どもたちはゲームでつながっていました。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2020年08月21日 | Permalink

2020年の弘前の宵宮は6月からスタート! 例年と違う日程を見てみましょう

弘前の宵宮

弘前の宵宮


6月から8月の時期、夕方近くになると、毎日のように
「ドーン、ドーン!」
お祭りの開催を知らせる花火が鳴ります。
津軽地方で言うところの「宵宮(よみや)」のお知らせです。

この弘前に移住して驚いたのは、その数!
弘前より人口が多い青森市、八戸市よりも宵宮の日程が多い。

札幌など1つの区で弘前市より人口がいたりしますが、神社のお祭りは各区に年に2~3回くらいじゃないでしょうか。

夕方にあの合図の音を聞くと、子どももソワソワ。
正直、家計のピンチです。
そんな、お祭りの多い街での工夫を書いてみます。

緊急事態宣言が明けた6月からスタート

2020年は世界的に流行している新型コロナウイルスのため、人が集まるイベントはことごとく中止・延期を余儀なくされています。

宵宮も今年はいっさい無しかと覚悟していましたが、6月9日から始まることが報道されました。

日程や規模も例年とは少し違っているようですので、しっかり確認しましょう。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2020年07月01日 | Permalink

あの「弘前公園のハート」が桜色になっています【2020年追記有】

弘前公園のハート(4月22日撮影)

弘前公園のハート(2016年4月22日撮影)


ネットで話題になっている「弘前公園のハート」が桜の花盛りになっています。

最初は弘前城天守閣の曳屋ウィークに緑のハートを探せ!という企画がありました。

春にはそこがピンクのハートになります。

この時期ならではの桜のハート、ちょっと探してみませんか?

【2020/4/11追記】

新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止の為、2020年の弘前さくらまつりは中止になりました。

また4/10~5/6の期間、弘前公園に入る門・道はすべて閉鎖されています。

花筏で有名な外濠も桜の花びらが滞留しないように水を流すそうです。

外濠沿いの道には警備員が配置され、立ち止まらないよう促します。

報道、および市民へも、弘前の桜開花情報をSNSに拡散しないよう、市長から協力を求められています。

どうか、「自分だけは大丈夫」と過信せず、花見に集まらないようにお願いします。



投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2020年04月11日 | Permalink