津軽一代様ってなに? という方の為に一覧MAPつくりました

津軽に来て初めて知った風習の一つ。

津軽一代様のことをご紹介します。

初詣の「一代様」というシステムを聞かされて戦慄している。自分の干支によって参拝する神社が決まっているんだって。津軽すごい。

Posted by りんご飴マン on 2015年12月19日

パッと2019年の一代様にジャンプしたい人はこちら!


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2018年12月03日 | Permalink

農のふれカフェ:平川市高畑の「キッチン Green Note」でふわふわパンケーキ体験 -PR-


秋の深まる9月某日、わたしは中南県民局地域農林水産部という、これまで関わったことがない方面のお招きで一台のミニバスに乗っていました。

車内には青森県庁職員の方々、料理研究一家、赤い顔の生キャラが同乗しています。


ミニバスで平川市へ向かいます

ミニバスで平川市へ向かいます


雨が降る中をミニバスは、弘前市から南東に走り、平川市に入っていきます。

そして、ご案内されたところは、
一軒の住宅のおしゃれなダイニング。


キッチン Green Note 座席

キッチン Green Note 座席


ここは10月から始まる「農のふれカフェ」を提供する「キッチン Green Note」なのです。

まず、わたしも初耳だった「農のふれカフェ」のことからご紹介していきますね。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年10月03日 | Permalink

平川市「つがる温泉」は子どもも思いっきり遊べます

つがる温泉入口

つがる温泉入口


田舎館村のスノーアートが、各メディアで話題になっています。

これから見に行くご家族におすすめなのは、スノーアート観覧→雪遊び→つがる温泉、の冷えた身体を温めるコース。

みんな知ってると思ったら、意外と行ったことがない人もいたので、その子どもに人気なポイントを紹介します。


温泉だけど泳げるんです


つがる温泉ホームページより

つがる温泉ホームページより


いきなり本題ですが、ここの温泉には温水プールのように泳げる浴槽があるのです。

しかも、子どもは水中メガネや浮き輪も持ち込みOK。売店でレンタルもあります。


受付&売店

受付&売店


うちの息子は、ここに入ると1時間ぐらい遊んでます。

土日祝の日中だと、けっこうな子どもたちが来ます。女湯・男湯ともにありますね。

たまに水中ウォーキングをしている方もいますが、たいてい子どもの遊び場になっています。

お湯の温度がとてもぬるいので、ハハは寒くなると近くの内風呂に移動してます。


意外と?広くて種類あります


わたしが入ってるのは女湯だけですが、大人350円のわりにけっこう広くてお風呂の種類が豊富です。

内風呂は大きめの浴槽(ジャグジー有り)、うたせ湯、サウナ、水風呂、露天風呂と、先ほどのプールのような浴槽。

露天風呂もプールのようにぬるめな大きいお風呂と、小さめだけどしっかり熱いお風呂とがあります。

子どもは露天風呂も好きで、冬はそのへんの雪で雪玉をつくっては投げたりもしています。寒いから!


お値段はリーズナブル。なつかしのスタイルです


券売機

券売機

温泉だけど、料金がお手軽なのもうれしいです。

2016年2月現在、大人350円、小学生150円、幼児60円。

未就学の幼児と大人2人のわがやなら、760円で3人入れます。
(消費税上がったら変わるかもしれません)

お風呂から上がったら、140円くらいのアイスを買って、マンガを読んだり、絵本を読んだりしてだらっと過ごせます。


マンガは少年&青年向け多し

マンガは少年&青年向け多し


田舎館村の道の駅から車で数分なので、田んぼアート&スノーアートを見たり、大型遊具で遊んだりした帰り道に寄ることも多いです。

わざわざ、つがる温泉に行くためだけに来ることもよくあります。

国道102号線で弘前市からもすぐなので、行きやすいんですよね。

ロビーはこうなっています


ロビーの配置

ロビーの配置


浴室や脱衣場の写真は撮れないので、ロビーをご紹介。

全体に、昭和な感じがあります。わたしが子どもの頃に行った銭湯の大きい版みたいな。

いちおう分煙をうたっていますが、図の通りしきりなどはなく、小上がりに近いので、
「タバコの煙ダメ絶対!」
という方にはおすすめできません。

ここはオリンピックシーズンに向けて変わることを期待します。

なにやら、五輪を招致すると、公共スペースは禁煙分煙が義務化されるらしいので。

ふだんのお休み、のんびりしたい時に

特別なお出かけの日ではなく、いつもの休日をちょっと楽しく過ごしたい時に。

親子でお風呂に入ったり泳いだりできる(大人も裸で泳ぐことになりますが!)つがる温泉は、息子のリクエストによくあがります。

もしも、まだ行ったことがない地元の方がいたら、子どもに水中メガネと浮き輪を持たせて遊びに行ってみてはいかがでしょう?

つがる温泉




投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年02月09日 | Permalink