2021年弘前ねぷた町内運行&展示情報まとめ


津軽衆がじゃわめぐ8月になりましたが、2021年も昨年に続いて弘前ねぷたまつり合同運行は中止です。

しかし、今年は感染症対策を万全にすれば町内運行はできますし、弘前市からも奨励されています。

感染症が収束した時にねぷたの技術やつながりが途絶えてはならないと、いくつかの団体でねぷた運行や、ねぷたの展示がされています。

その情報一覧が見当たらなかったので、ツイッターなどの情報を元にまとめました。

随時更新していきますので、情報ある方は@urabetti / Twitterまでお寄せください!

人が集まらないように運行情報の公開を控えている団体もあるので、情報公開・提供されているところをピックアップしています。

観覧する方も密にならないよう、マスクや手洗いなど基本的な対策をして、運行団体の迷惑にならないように楽しみましょう!



投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2021年08月01日 | Permalink

2021年、青森県弘前エリアの宵宮情報

弘前の宵宮

弘前の宵宮


6月から8月の時期、夕方近くになると、毎日のように
「ドーン、ドーン!」
お祭りの開催を知らせる花火が鳴ります。
津軽地方で言うところの「宵宮(よみや)」のお知らせです。

この弘前に移住して驚いたのは、その数!
弘前より人口が多い青森市、八戸市よりも宵宮の日程が多い。

札幌など1つの区で弘前市より人口がいたりしますが、神社のお祭りは各区に年に2~3回くらいじゃないでしょうか。

夕方にあの合図の音を聞くと、子どももソワソワ。
正直、家計のピンチです。
そんな、お祭りの多い街での工夫を書いてみます。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2021年05月30日 | Permalink

あの「弘前公園のハート」が桜色になっています【2021年版】

弘前公園のハート(4月22日撮影)

弘前公園のハート(2016年4月22日撮影)


弘前公園の新しいスポット「桜のハート」が花盛りになっています。

最初は弘前城天守閣の曳屋ウィークに緑のハートを探せ!という企画がありました。

春にはここがピンクのハートになります。

この時期ならではの桜のハート、ちょっと探してみませんか?

【2021/4/19追記】

弘前さくらまつり、2021年は感染症対策として様々な制限をしながら、始まりました。

開催要項は公式サイトをご覧ください。


例年は4月23日からですが、今年は史上2番目の早咲きのため17日から準まつり体制が始まっています。

その初日の様子を見て、新しい様式のルールも確かめてきました。

桜のハートの場所にも立ち寄ってますので、ぜひご覧ください。



投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2021年04月19日 | Permalink

【届いた!】青森県産品を買って贈ってスマイルキャンペーンに応募してみた

先週、こんなキャンペーンをSNSで友達の投稿から知りまして。


青森県民が青森県産品(食品、加工食品、お酒も含む)を3,000円以上買って、県外に住む個人宛に贈ると、りんご、長芋、お米のいずれかがプレゼントされる、というキャンペーンです。

その数、3万口!!

お米(まっしぐら)は1口につき5kg×2袋ということなので、3,400円分くらいになりますね。

抽選ではなく先着順なので、条件を満たしていればみんなもらえるわけです。

しかも、12月下旬から始めて1月末までの予定だったのが、2月14日まで締め切りが延びたそうです。

Webサイトを見たら、先週末時点でまだ2.8万口以上も残ってました。

びっくりしてツイートしたところ、ずいぶん反響がありまして。



さっき見たら600RTを超えていました。プチバズってる!

なんか拡散した責任も感じてきたので、FAQもよく読み込んで、わたしも応募してきました。

その解釈をわかりやすく説明しますね。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2021年02月17日 | Permalink

おうちdeこぎんオンライン「丑年だから“ベゴ“刺しましょうか」開催しました


久しぶりに津軽こぎん刺しサークル「みんなのこぎん」の集まりを、……オンラインで開催しました!

ZOOMでの開催、昨年5月以来の「おうちdeこぎんオンライン」です。

今回も、市外、県外、国外からのご参加があり、おしゃべりしながらこぎん刺しを楽しみました。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2021年01月11日 | Permalink