刀剣ファン必見!高岡の森弘前藩歴史館で刀剣展開催中です

高岡の森の刀剣展ポスター

高岡の森の刀剣展ポスター

2018年4月に開設された「高岡の森 弘前藩歴史館」で、
この秋、北東北最大の刀剣展が開催中!

そんなニュースを見かけてからずっと気になっていた展示を、ようやく見てきました!

この高岡の森 弘前藩歴史館ができてから行くのも初めてです。

昨年高照神社に行った時は、拝殿の手前に簡単なつくりの高照神社宝物殿があったんですよね。

その建物が老朽化しており、貴重な文化財の保存が難しいことから、市の歴史館が新設されたそうです。

さっそく、弘前藩歴史館と刀剣展、両方をご紹介します!


場所は高照神社に向かって左手側です


秋の高照神社

秋の高照神社


上の鳥居を避けて入り駐車スペースに車を停めました。

神社に向かって左手側を見ると…。


高照神社に向かって左手側に見えます

高照神社に向かって左手側に見えます


白く輝く建物が!!

階段またはスロープで入口へ進みます。


高岡の森弘前藩歴史館は撮影&SNS投稿OK!


高岡の森弘前藩歴史館入口

高岡の森弘前藩歴史館入口


入口の高岡の森刀剣展のパネルを見ながら中に入ります。

資料館だから首から下げていたデジカメはバッグの中へしまいました。

受付で観覧料を支払います。

一般の個人は300円。

弘前市内の小中学校に通う子どもは無料なので、次に子どもと来る時は学校の名札を用意してきます。


観覧料と撮影について

観覧料と撮影について


ん?


撮影OK

撮影OK

展示室内、写真(カメラ・スマホ)撮影OKです。って!!

他のお客様の迷惑にならない、
フラッシュを使わないに注意。

印刷物に掲載する場合は許可が必要ですが、
(TwitterやFacebookなどSNSは許可は不要ですので、どんどん投稿・拡散をお願いします)って!!

先進的だわ。

さいとう、バッグにしまっていたデジカメを出しました。

では、行きましょう!


展示室へ

展示室へ


第4代弘前藩主の津軽信政がドーン!


入ってすぐ正面のガラスケースがこちら。


津軽信政の鎧具足(再現)

津軽信政の鎧具足(再現)


第四代目陸奥弘前藩主・津軽信政着用具足!!の複製です。

紐も色鮮やか。

津軽信政は儒学・兵学・神道を学び、弘前藩の全盛期をつくりあげた名藩主と言われています。

死後は本人の遺言によりここの高照神社の奥にある廟所に祀られているそうです。

正保2年(西暦1645年)に津軽藩領土を描いた図が壁に複写されています。


約400年前に描かれた津軽藩の地図

約400年前に描かれた津軽藩の地図


正保2年(1645)に描かれた津軽領土の図が壁に複写されていました。

まだ測量する機械も、飛行機も無い時代。

伊能忠敬が全国測量する時代より100年ほど前には、このように認識されていたのですね。


弘前藩について学ぶ展示室


続く展示スペースは弘前藩の歴史や地理について学べます。


弘前藩の歴史を知るコーナー

弘前藩の歴史を知るコーナー


壁には弘前藩の年表

壁には弘前藩の年表


おもしろかったのがこちら。

津軽信政葬送の様子が描かれた絵巻物が展示されているのですが、長い巻物なので一部しか見られません。

ですが、その隣にあるタッチスクリーンで最初から最後まで全体の絵をスルスルと見ることができるのです。


本物の絵巻とタッチスクリーンが並ぶ

本物の絵巻とタッチスクリーンが並ぶ


タッチスクリーンで絵巻展示!

タッチスクリーンで絵巻展示!


拡大・縮小もタブレットと同様に指でできるのでいいですね、これは。

いよいよ刀剣展示へ

さあ、いよいよ本題の刀剣展です。


刀剣の種類・各部の名称

刀剣の種類・各部の名称


ずらりと並ぶ刀・刀・刀!

ずらりと並ぶ刀・刀・刀!


これは壮観!!


広い

広い


国指定重要文化財の刀もあります。


豊臣秀吉から為信が拝領したという「友成作」の太刀(国指定重要文化財)

豊臣秀吉から為信が拝領したという「友成作」の太刀(国指定重要文化財)


解説

解説


初代の津軽為信氏が持っていたかと思うとまじまじと見てしまいます。

刀剣ファンは友成の名にひきつけられるよう。

国指定重要文化財の刀はもう一振りありました。

津軽信政の太刀銘「真守(さねもり)」です。

そちらは反射の映り込みが多かったので写真は載せません。

ご自身の目でぜひ。

なお、どちらもここの所蔵品だそうですので、また別の企画でお目見えするかもしれませんね。

実際、友成の鞘は前の高照神社宝物殿時代に見たことがありました。

その頃はこんなに背景や照明もきちんとしていなかったし、撮影NGだったので、こうして展示されるとまた違うものだと感じます。

刀だけではなく、薙刀や槍、鎧もありました。


本物の武具と刀

本物の武具と刀


銘「備前長船住盛景」の太刀(県重宝)

銘「備前長船住盛景」の太刀(県重宝)


展示を見たら高照神社にも

展示室を出ると明るいロビーにホッとしました。

あちこちの表示に地模様としてこぎん刺しの模様が入っていておしゃれでしたよ。


高岡の森弘前藩歴史館ロビー

高岡の森弘前藩歴史館ロビー


そして、高照神社に戻って参拝を。


高照神社へ

高照神社へ


拝殿は無人でしたが、お賽銭をあげてお参りします。

中には展示にあったような絵馬も見えました。

さらに、その裏側へまわって廟所に向かう小道を進みます。

ここが、先ほど見た絵巻物で葬送の列が進んでいた場所ですね...。


高照神社廟所への道

高照神社廟所への道

津軽家の廟所も門が封鎖されており、誰もいないのですが、あの絵巻物を思いながら歩くのは味わい深かったです。

クマが出ないか気をつけましたが!


鑑賞した方々のツイート


↑の掲示は弘前市立観光館にあるそうです。


お山は11月下旬になると積雪の恐れがあります。

運転して行く方はお早めに。タイヤ交換もそろそろですよ!

高岡の森 弘前藩歴史館

  • 住所:弘前市大字高岡字獅子沢128-112(高照神社南隣接)
  • TEL:0172-83-3110
  • Web:高岡の森弘前藩歴史館
  • 観覧料:一般300円(単独)、高校・大学生150円、小・中学生100円(市内小中学生は無料) ほか、割引や市立博物館との共通券もあります。上のWebサイトよりご確認ください。

高岡の森の刀剣展

  • 会期:2018年30年9月29日(土)~11月25日(日)
  • 休館日:10月15日、11月19日
  • 開催時間:9:30~16:30

【PR】近隣に古民家カフェ山の子がオープン!(11/1~)

実は、友人の高木恵美子さんが築80年の古民家を改築して、この秋から古民家カフェを開店しました。

ハンドドリップコーヒー、あおもり産ハーブティー、けの汁ご膳など土地の飲み物・食べ物が提供されますので、ご休憩にどうぞ。

こちらのホームページを作らせていただきました。



【関連記事】




Facebookはこちら

Twitterは気軽にやってます