富士見湖パーク、鶴の舞橋でミラーレス一眼vsハイエンドコンデジ比較してみた

富士見湖にかかる鶴の舞橋

富士見湖にかかる鶴の舞橋


ジャンボチキンカツにかぶりついた道の駅つるたから車で15分、富士見湖パークに移動しました。
先人が苦労して作り出した水源地である津軽富士見湖と、そこにかかる鶴の舞橋を堪能してきました。
連休に子どもと遊びに行くと気持ちよさそうですね。
そこで、わたしが愛用している高機能コンパクトデジカメPowershotG7X(CANON)と、夫のミラーレス一眼PEN Lite E-PL3(OLYMPUS)で撮り比べしてきました。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2015年09月19日 | Permalink

黄金色の田んぼアート「風と共に去りぬ」の夕暮れが美しい…

黄金色に色づいた田舎館村の田んぼアート「風と共に去りぬ」

黄金色に色づいた田舎館村の田んぼアート「風と共に去りぬ」


9月8日、2ヵ月ぶりに田舎館村の田んぼアートを見てきました。
8月のピークを過ぎたかと思っていましたが、まだまだ美しく見どころたくさんです。
新しく名物になっている第二会場の「小石アート」もともにお届けします。

なお、写真は今回もハイエンドコンパクトデジカメCanon PowershotG7Xで撮影しています。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2015年09月08日 | Permalink

ハイエンドコンデジCanon powershot G7Xが快適すぎて手放せない件

今年4月に購入したキヤノンのデジタルカメラCanon PowershotG7Xが、とても快適です。
デジカメを買うのは6年ぶりでした。
kissなどのデジタル一眼レフや、それより小型のミラーレス一眼にも心ひかれたのですが、自分の条件に見合ったカメラとなると、これが一番でした。

特に、子育て中で荷物は増やしたくないけれど、スマホ以上の写真を残したい、というタイプにおすすめです。
4ヵ月使ってみての感想をお届けします。

※なお、今回のエントリーに貼る写真は、すべて縮小・切り抜きのみで、色・明るさの補正をせずに掲載します。
写真をクリック(タップ)すると拡大します。さらに右上のアイコンを押すと最大になります。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2015年08月24日 | Permalink

五所川原立佞武多を初見、巨大ロボのような威容に圧倒されました

立佞武多の館から出陣する立佞武多

立佞武多の館から出陣する立佞武多


8月6日、五所川原市の立佞武多(たちねぷた)祭りを観てきました。
高さ20mを超す立佞武多、ここにも登場しているラブライブ!ねぷた、ご当地出身の吉幾三などなど写真詰め合わせて、お送りします。

なお、時刻・料金などの情報は2015年時点のものになります。ご了承ください。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2015年08月07日 | Permalink