突然プロレスリング・ノア弘前大会を家族3人で観て来た話し

まったく予定していませんでしたが、プロレスリング・ノア弘前大会を家族で観戦してきました!

それも家族3人で。

どうしてそうなったかと言うと…


青森県武道館入口の告知ポスター

青森県武道館入口の告知ポスター


あの、故・三沢光晴さんが創立した緑のリングのノアが、12月に弘前の青森県武道館で興行やるとはCMで聞いていたけれど!

まさかの補助競技場!?

子どものスポーツが終わって、帰りにスーパーで買い物をしながら煩悶して、8歳の息子に相談したら、
「いいよ、かあちゃんが好きな人のチームなんでしょ? 観なかったら、次はもう来ないかもしれないんでしょ?」
と、いっしょに観てもいいって言うのですよ。普段、プロレス興行は怖いし音が大きいから嫌だってついてこないのに!!

そして、仕事が終わった夫(プロレスファン仲間)も、「じゃあ、今から行くね」という即断即決だったので、そのまま軽食を買って食べながら武道館にUターンしました。

そんなわけで、第3試合途中から家族3人、まさかの特別リングサイド(1列目)での観戦です!


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年12月16日 | Permalink

#るってぃ講演会 in弘前にアラフォーオカンが出かけてみたら

るってぃ講演会in弘前

るってぃ講演会in弘前


『プロ無職』るってぃさんの講演会に参加して来ました!

会場はコラーニングスペースHLS弘前。

13時を少し回ってからのスタート時には、たくさんの学生、若者でにぎわっていました。
'90年代生まれ率高い…!

内容については、すでに参加した学生の何人かがブログでレポートしているので、こちらをどうぞ。

自分がリアルタイムで書いていたツイートもそれぞれ引用してもらっているので、間接的に執筆しています。

さて、'70年代生まれのアラフォーオカンが、自分の子どものような世代の若者と混ざって、『プロ無職』を名乗るるってぃさんの話しを聞いたらどうだったのかをお話しします。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年10月23日 | Permalink

第1回青森ブロガー座談会in弘前、三者三様の掘り下げトークしました

第1回青森ブロガー座談会in弘前

第1回青森ブロガー座談会in弘前


第1回青森ブロガー座談会in弘前が終了しました!

夜中から午前中まですごい雷雨で、残念ながら来られなくなってしまった方もいました。

それでも、午後には天気が落ち着き、遠方からの方も合わせて、11人の方にご参加いただきました。本当にありがとうございます。

おそらく、青森県では初のブロガーイベント、どんな光景だったのかをお届けします。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年07月23日 | Permalink

ソシオデザイン代表・大西正泰さんが語る「街づくりの人類学」

ソシオデザイン・大西正泰さん

ソシオデザイン・大西正泰さん(HLS塾②街づくりの人類学)


「まちづくりも人の一生と同じように導入期、成長期、成熟期、衰退期があります。
では、弘前市はいまどのへんだと思いますか?」

6月2日、コラーニングスペースHLS弘前にて開催された一般社団法人ソシオデザイン代表の大西正泰さんの講座「街づくりの人類学〜いちばん田舎が面白い〜」で会場に問いかけられた質問です。

徳島県上勝町、人口1500人強の山あいの「葉っぱビジネス」の町。
おばあちゃんたちが和食に添えられる「つまもの」の葉っぱを採取しに山に行く。
その発注情報はIT技術が活用されていて、おばあちゃんたちもタブレットを操作して受注する光景、ニュースなどで見たことがある方も多いのではないでしょうか。

あの葉っぱビジネスの成功で有名な上勝町から来た大西さんの講座は、明るく楽しく、しかし厳しい内容も含むみっちりした内容の2時間でした。

その中で、北海道から弘前に移住して5年目のわたしに刺さった言葉を中心にご紹介します。

いつもの通り、このレポートはさいとうのノートを元にしており、録音・録画等はしていません。 発言の内容、意図が違っている可能性がありますことご了承ください。

-スポンサーリンク-


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年06月03日 | Permalink

青森の万能調味料スタミナ源たれを、趣きある弘前スタバで使ってみた

陸軍第八師団長官舎を改築した趣きあるスターバックス・コーヒー

陸軍第八師団長官舎を改築した趣きあるスターバックス・コーヒー


毎月、「スタバdeこぎん」でお世話になっているスターバックス・コーヒー弘前公園前店。

今日はランチをいただきにうかがいました。

「今日はこぎんじゃないんですね?」
「ええ、今日は普通にランチです」

すっかりおなじみになった店員さんとの会話の後、
いつものこぎん刺しベンチ席へ。


津軽こぎん刺しをあしらったベンチ席

津軽こぎん刺しをあしらったベンチ席


ベンチのこぎん刺し

ベンチのこぎん刺し


窓の外は雪囲いをされた木々

窓の外は雪囲いをされた木々

さて、あたたかさに一息をついたら、
雪景色を眺めながら、
あたためていただいた石窯フィローネを、
いただきましょうか。

バッグに忍ばせた「スタミナ源たれ」とともに!


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年12月13日 | Permalink