Kindle Paperwhiteが保証期間外で壊れてしまった時のAmazonさんのサポート


ある日、突然にそれは起こりました…。

親子で愛用していた、Amazonの電子書籍リーダーKindle Paperwhiteが壊れてしまったのです。

画面下が白くなってしまい、ボタン操作もいっさい受け付けてくれません。

つぶやいてみたら、オンドゥル語で返答してくるフォロワーさんがいました。竜騎なつかしい。

それはともかく、もうすぐAmazonの一大セール「プライムデー」が始まるので、買い替えも検討に入れつつカスタマーサポートに連絡をしてみました。

何しろ、これを買ったのはもう2年以上前で保証期間はすっかり過ぎてます。

では、その顛末をご覧ください。


「カスタマーサービスに連絡」する方法


Amazonカスタマーサポート、わたしはこちらから連絡しました。

Amazon.co.jp ヘルプ: Kindle Paperwhite (第7世代、マンガモデル) ヘルプ

商品によってリンク先が違うと思うので、ご確認ください。

よく読まれているトピックを確認して、それでも解決しないことを確認します。

具体的には 電源ボタンを40秒長押しして再起動をさせる です。

うちの場合は、ただゆっくり明滅するだけで再起動しませんでした。

そこで、左下のカスタマーサービスに連絡をクリック。



自分の端末、相談内容を選びます。


自分の端末、相談内容を選ぶ

自分の端末、相談内容を選ぶ


連休中は混んでいたのでチャットを選択


この後、電話をかけてもらうための入力フォームがあり、自分の携帯電話番号を入れてボタンを押しました。

しかし、011から始まる番号から折り返し電話が来たものの、自動音声で「ただいま大変混みあっております。メールにてお問合せください」とのこと。

ですよねー。
三連休ですもんねー。

ということで、チャットサポートに切り替えました。

こんな感じで話が進んでいきます。


Amazonカスタマーサービスとのチャット

Amazonカスタマーサービスとのチャット


【結論】保証期間外の端末故障については修理サービス無し

ここで長々と担当者とのチャットを紹介しても意味が無いので、結論から言うと。

Amazonでは端末の修理サービスは無い。

保証期間内なら新端末との交換、保証期間外なら新規購入を案内される。

でした!

ただし。

確認していただいた結果、
「Kindleの端末購入時に使える割引クーポンをアカウントに付与(有効期限無し)」
の特典をつけてもらえました。

さらに、破棄する端末については無償引き取りのサービスがあるとのご案内でした。

どちらにしても動かない端末を持っていてもなんなので、引き取ってもらうことに。

アカウントサービスの画面からKindle端末との連携を解除すると、万が一他人の手に壊れた端末が渡ってしまっても大丈夫です。

上記、どちらもわたしがごねて得た特別対応ではありません。

担当の方から提案していただいて、了承しました。

聞いてみてよかった!

プライムデーのKindlePaperwhiteのお値段は?

さて、記事を書いているうちにプライムデーが始まりました!


プライムデーのキャプチャ

プライムデーのキャプチャ(リンク付き)


気になるお値段は、13280円⇒7980円!

40%OFFで5300円引きです。

…実は2年以上前に買った時もセールで6980円だったので、もう一声!と言いたいところ。

でも、ここからさらにXX%引きのクーポンを得ているので、このタイミングで買い替えておきますかね。

何しろ夏休みの長距離移動の際は、iPadとKindleどちらも持って行かないと子どもに取られるので。

前は黒だったから、今度は白にしようかな…。

汚れやすいかな……。

迷うのも楽しいです。

まだプライム会員じゃない方は、無料体験期間にもセールが利用できるのでこの機会にどうぞ。

音楽聞き放題の「Amazon music unlimited」も7月17日までに新規加入すると4カ月間で99円につられて入っちゃいました。

担当者への感謝はアンケートで伝えよう

電話対応希望した時に011から始まる番号で折り返し着信がありましたが、これって札幌エリア(近隣含む)の市外局番なんですよね。

北海道、特に札幌周りはコールセンターをたくさん誘致した時期がありまして、わたしが勤めたコールセンターも大手通販会社の対応をしたりしていました。

それで、業界つながりの友人から聞いたのですが、
「Amazonの評価はアンケートのみ。個別メールはいくら長文でも考査に影響しない」
だそうです。伝聞ですけどね。

システマチックな会社だとAmazon以外もそういうところはあるでしょう。

担当者がいい対応をしてくれたと思ったら、その後メールで来るアンケートに回答して高評価つけてあげてください。

カスタマーサービスの仕事って、かなり心に来るものなので…。


【関連記事】



Facebookはこちら

Twitterは気軽にやってます