選択されているタグ :

【100周年】2018年弘前さくらまつりを市内在住ブロガーが解説します【随時更新】

弘前さくらまつりの観光遊覧船(2017年撮影)

弘前さくらまつりの観光遊覧船(2017年撮影)


2018年に100周年を迎える弘前さくらまつり、いよいよ始まります!

2018年4月21日(土)~5月6日(日)は、ふだんの会期(4月23日~5月5日)よりも長く、16日間となります。

さらに、早咲き予報を受けて、準まつり期間が4月18日から始まりました!

気になるイベント情報、100周年の変更点などを弘前市民ブロガーが随時更新していきます。


100周年を迎える弘前の観桜会


弘前さくらまつりは、1918年(大正7年)弘前商工会主催の第1回観桜会から数えて100周年を迎えます。

2017年のさくらまつりは、「100年目」に入った年として、様々な企画を始めていました。

上の写真の観光遊覧船もその一つです。

他にもさくら桟敷席で津軽三味線を聞きながら、お酒とお弁当をいただけるプランもありました。

あれは遠方から来た両親も喜んでいたっけ。


2017年さくら桟敷席のお膳

2017年さくら桟敷席のお膳


ねぷた囃子の生演奏や忍者のおもてなしが人気の手ぶらで観桜会ももう2018年モードになっていますね。さすがに早い。

2018年弘前さくらまつりの特別企画は?

市の広報hirosakiによると、100周年の弘前さくらまつりにはこんな特別企画があります。

  1. 航空自衛隊ブルーインパルス弘前観桜会100周年祝賀飛行(4/21 10:30~)
  2. 満開の打ち上げ花火(5/3 19:30~)
  3. デジタル花筏(4/28~5/5 19:00~21:00)
  4. 弘前観桜会100周年記念パレード(5/3 10:00~)

さらに、弘前公園の夜間ライトアップが例年22時までのところを23時まで延長されます。

(市立の駐車場利用する際は最終出庫時刻を必ず確認しましょう)

【4/30】デジタル花筏の記事をアップしました!



ライトアップされる夜桜

ライトアップされる夜桜


気になるソメイヨシノの満開時期、花筏の見ごろは?

「死ぬ前に見たい絶景」と言われる花筏は、外堀の桜が満開から散り始めの数日間にしか見られない上に、満開日の予想がつく頃には弘前市内に宿泊予約をするのが難しいのです。

弘前市緑地課による2018年4月20日付の開花情報では、平年より3日早い4月20日に開花が発表されました。

花筏が絶景な外濠の満開は4月23日予想とのことです!(弘前さくらまつり2018より)

【4/20追記】

開花宣言の日に市役所屋上から外堀を一覧し、追手門前から桜のハートまで歩いてみました。

【追記 4/21】 開幕式のブルーインパルス飛行を見てから公園内を散策

【4/23】 県外からのゲストと。外堀も中も桜のトンネルもみんな満開。

【4/26】久々の晴れ。夜桜見物。

園内の桜は様々な種類があるので、会期中はどれかの桜は楽しめます。

GW後半でも八重桜や枝垂桜が美しいですよ。

2017年の桜がどのように推移していたかは、ほぼ毎日行って記録を撮っていましたので、ご参考にどうぞ。


4月21日開幕式でブルーインパルス飛行!

航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が桜などを描いて飛びました。


【4/20追記】市役所屋上でブルーインパルス予行演習を見ました!

開幕式の前日、13:30から予行演習があったので、仕事のついでに無料開放されている市役所屋上に上がって見てきました。

「桜」を描く場面には幼児から大人まで大興奮。

市役所庁舎は改築されたからか、以前より屋上観覧スペースが広くなったような…。

21日の弘前さくらまつり100周年開幕式では、10:30~10:50に祝賀飛行が行われました。

当日は家族で弘前公園内の二の丸エリアで見てました。

この後、ブルーインパルス隊員のサイン&写真撮影会の行列が背後でできたので、そのまま並んで約50分後に記念撮影していただきました。

弘前市郊外の臨時駐車場とシャトルバス廃止です

2018年3月18日付の陸奥新報より。

 4月21日開幕の弘前さくらまつりを前に、2018年度交通対策委員会が26日、弘前市立観光館で開かれ、事務局の市が無料シャトルバスの運行を実施しないこと、これに伴い発着場所である堀越雪置き場、弘果・弘前中央青果、さくら野弘前店の各臨時無料駐車場を設置しないことなどを報告した。

利用者が減少していたため、堀越、弘果、さくら野からの無料シャトルバスが無くなり、同場所の臨時無料駐車場も廃止とのことです。

なお、富士見橋と岩木橋の臨時無料駐車場はあるそうです。

弘前学院大学に駐車して大鰐線に乗るとお得!

上の記事が出た日にいいタイミングの告知が出されました。

大鰐線沿線の弘前学院大学にて4月28~30日、5月3~6日に礼拝堂横と看護学部棟前駐車場を無料開放。

大鰐線の乗車証明書を持っていると、弘前城有料区域などに無料で入場できるそうです。

この弘前学院外人宣教師館見学は昨年行きましたが、なかなかのおすすめイベントですよ!


公式PR動画配信開始!


また情報がわかり次第追加します!

今年こそ弘前に行こう、という方はぜひブックマークを。

【関連記事】



Facebookはこちら

Twitterは気軽にやってます