津軽花火大会を見て、夏の終わりを感じる夜

津軽花火大会

津軽花火大会


青森県で一番人気の津軽花火大会を見てきました。
弘前市と青森市の中間にある藤崎町で開催される花火大会です。

ねぷたの熱さが終わり、お盆で故人に想いをはせ、花火を見て、
「今年の夏も終わりだなぁ…」
と感じる夜です。

今回はいつもと違う場所で見てきました。

-スポンサー広告-

津軽花火大会の打ち上げ場所と見物スポット

花火の打ち上げエリアは、このへんです。

出典:【打ち上げ場所】第46回津軽花火大会(青森県南津軽郡藤崎町)の地図|花火大会2015 花火カレンダー - Walkerplus

弘前と藤崎の間を流れる平川の河川敷ですね。
この近くを走る国道7号線は、この夜にはよく混みます。
有料観覧席があるのもこの7号線沿いになります。

有料で見ない地元の人がよく車を停めて見ているのは、航空電子があるあたりの道。
路上駐車たくさんで、角のコンビニもにぎわっています。


または、藤崎イオンの前の通りを国道7号線を突っ切ってまっすぐ伸びる道路も、歩道が広くてよく車が路肩に停まっていました。
中には歩道でバーべーキューをしている猛者も!


屋根の上で観覧してました


今年、わたしたちは友人宅の屋根の上で、この花火大会を見ていました。
突然の連絡だったのに「ウチの屋根でよければどうぞ」と読んでくれたKさん、ありがとう!
息子と歳が近い兄弟がいるので、クレヨンしんちゃんのような幼児男子3人で、わりと花火そっちのけで盛り上がっていました。

あ、ここの屋根は、東北・北海道によく見られる無落雪のフラットな屋根で、端も30cmほどの敷居があります。
そう簡単には落ちないようになっていますが、盛り上がりすぎた男子は何をするかわからないので、大人4人で注意しながらの花火鑑賞でした。

振り向くと反対側の空にも遠く花火が見えました。
平川市の介護福祉施設「緑青園」の花火大会が、ここまで見えるんですね。
SNSを見ていると、こちらを見に行っている友人も多かったです。


帰り道は、もう秋風が冷たかったです。
夏、終わりましたね。

でも、冬の話しはまだしないでください! みなさん、早すぎますよ!
ほっといても1年の3分の1は雪があるんですから、短いさわやかな秋を楽しむことにしましょう。
りんご王国は、収穫の時期です。
今年は甘みが期待できるらしいですよ。


-スポンサー広告-