コラーニングスペースHLS弘前って何?という方へ、さいとうが勝手にご紹介します

土手町にオープンした「コラーニングスペースHLS弘前」

土手町の西谷ビル1階にオープンした「コラーニングスペースHLS弘前」


弘前市のメインストリート・土手町に2017年4月29日にオープンしたコラーニングスペースHLS(Heart Lighting Station)弘前

「コラーニング」という聞きなれない単語、
土手町の交差点の角に面している好立地、
ガラス張りで通りから中が見渡せる透明性、
道行く人が、「なんだろう?」という表情でチラチラ見ているのを感じました。

そこで、フリーランスで専用オフィスを持たない半在宅ワーカーな斎藤が、どんな場所なのか、使ってみての感想を勝手にレポートします。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2019年10月13日 | Permalink

津軽塗!こえだちゃんの木のおうち、藤田記念庭園匠館で見てきました

【タイトル】津軽塗こえだちゃん木のおうち

津軽塗こえだちゃん木のおうち


6月にタカラトミー社のTwitter公式アカウントから発表されたニュース。

「津軽塗 こえだちゃんの木のおうち」制作。

津軽の伝統工芸「津軽塗」をガチでほどこした「こえだちゃんの木のおうち」、その製作期間は3ヶ月超

7月から弘前市の藤田記念庭園の匠館で展示されていると聞いて、こえだちゃんで遊んだ日々がなつかしい40代のさいとう、喜び勇んで見に行ってきました!


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2019年07月10日 | Permalink

50周年の「弘前工芸協会展」実行委員会に行ってみたら思ったのと違った話し[PR]

前川國男建築の弘前こぎん研究所

前川國男建築の弘前こぎん研究所

やたらに暑くなった5月某日、さいとうは緊張しながら弘前市在府町にある「弘前こぎん研究所」を訪れました。

ここは建築家・前川國男氏のデビュー作と言われる建物でもあります。

わたしは月に1度カフェに集まって、津軽こぎん刺しをそれぞれ好きに楽しむサークル「みんなのこぎん」を主宰し、入門ワークショップを行い、こぎんフェスにもサークル展示で参加していながらも、まだこれまでこぎん界の大御所であるこちらに来たことがなかったのです。

北海道から数年前に来て、気楽に趣味としてこぎん刺しを楽しんでいる身として、一度は行きたいと思いながらも、わたしなんかがフラリと行ってもいいのだろうか…。

なかなか行けなかったばかりに、勝手に心理的なハードルが高くなっていたのですが、ひょんなことから「弘前こぎん研究所」の建物を訪ねることになりました。

それは、「今年50周年を迎える弘前工芸協会展の取材」です。

伝統ある津軽の手工芸、その技を研鑽する工芸作家たちの集い……ますます緊張が高まります。

そうしてドアを開けたのですが、工芸協会の様子は事前に思っていたイメージとはまったく違ったのでした。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2019年06月10日 | Permalink

【大歓喜】桜ミクが弘前さくらまつり2019~2020の公式応援キャラクターに!【随時更新】


すごい情報が入ってきました!

あのボーカロイド「初音ミク」の春バージョン「桜ミク」が、弘前さくらまつりの公式応援キャラクターになったそうです!!

発表された昨日から、わたしのタイムライン上ではこの話題でもちきりでした!

では、その内容をご紹介していきます。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2019年04月30日 | Permalink

【平成から令和へ】2019年の弘前さくらまつりを遊び回りレポ

弘前さくらまつり2019(4/21撮影)

弘前さくらまつり2019(4/21撮影)


今年も始まりました弘前さくらまつり!

2019年の会期は4月20日(土)~5月6日(月祝)です。

2020年の東京オリンピックイヤーが、弘前の観桜会からカウントして100回目、ということで今年から100回目のさくらまつりに向けて企画が動いています。

「2018年まで100周年と盛り上げていたけど、今年は来年までの準備の年やねぇ」
とのんびりしていたら、あの初音ミクの春バージョン「桜ミク」が公式応援キャラクターになると3月に発表されて、わたしの周りは騒然となりました。


そんなわけで、今年はピンク色のお人形を連れてスタンプラリーしたりしながら楽しみます。

さくらまつり期間中の日々の情報をこちらの記事で随時紹介していきます。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2019年04月21日 | Permalink