あの「弘前公園のハート」が桜色になっています【2021年版】

弘前公園のハート(4月22日撮影)

弘前公園のハート(2016年4月22日撮影)


弘前公園の新しいスポット「桜のハート」が花盛りになっています。

最初は弘前城天守閣の曳屋ウィークに緑のハートを探せ!という企画がありました。

春にはここがピンクのハートになります。

この時期ならではの桜のハート、ちょっと探してみませんか?

【2021/4/19追記】

弘前さくらまつり、2021年は感染症対策として様々な制限をしながら、始まりました。

開催要項は公式サイトをご覧ください。


例年は4月23日からですが、今年は史上2番目の早咲きのため17日から準まつり体制が始まっています。

その初日の様子を見て、新しい様式のルールも確かめてきました。

桜のハートの場所にも立ち寄ってますので、ぜひご覧ください。




探したけれど見つからないあなたに『大ヒント』あげます


昨年の曳屋ウィークの記事が「弘前公園 ハート」で検索すると上位に来るようで、友人知人だけではなく知らない方からも、「探したけど見つかりません!」「また行くので教えてください!」と問い合わせをいただいています。


あの記事では「下乗橋、杉の大橋方面に向かってウロウロ」「有料区間ではありません」とヒントを書いていましたが、それでも見つからない方のためにもっと絞り込んだヒントを出します。
せっかく来たのに、見られないともったいないですからね。

あ、地元民の方は、がんばってノーヒントでお探しください!

ハートの場所はここ!


ハートの場所へ行けるルートは3つです。


  1. 杉の大橋から南内門をくぐる
  2. 下乗橋から南内門をめざす
  3. 根上がりイチョウの前の道から坂をのぼってくる

ちゃんと切り株に「ここから見るとハートだよ」の目印があります。



夜桜のハートもいいですよ。

夜桜のハート❤ #弘前さくらまつり #弘前 #弘前公園 #hirosaki #夜桜 #桜

Saitou Mikakoさん(@urabetti174)が投稿した写真 -

カップルや夫婦、親子でハートを背景に撮影するといい記念になります。

これは家族で夜桜見物をした時に息子(6歳)に撮ってもらいました。


息子に撮影してもらいました

息子に撮影してもらいました


なんか、直立不動ですけれど。

正直、緑の葉がしげっている時の方がハートらしい形になるのですが、この時期だけのピンクのハートをお楽しみください。

【おまけ】桜のハートの近く、ここにもあります


息子「ここにもハート!」

息子「ここにもハート!」


探してみてくださいね!

【関連記事】



Facebookページで更新情報お知らせ中