弘前の地元紙・陸奥新報で半年間のエッセイ連載が始まりました


こちらでのご案内が遅れましたが、10月23日(日)の陸奥新報、文化欄の日々想にわたしが書いたエッセイが掲載されました。

陸奥新報は弘前に本社がある陸奥新報社が発行している新聞で、月額3,000円弱(税込)で毎日朝刊を届けてくれます。

その日曜日の文化欄に「リレーエッセイ・日々想」があり、毎週1人ずつ、半年間で全6回のエッセイを執筆しています。

この10月から新メンバーに切り替わり、わたしの回は4週目の日曜です。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年10月23日 | Permalink

「就職したら3年間は勤めよう」について夫と語ってみた

20歳で就職したての頃のわたし

20歳で就職したての頃のわたし


新卒で就職しても3割は退職する、という記事がちょっと前に話題になりました。

「とにかく3年間は頑張ろう」とアドバイスする大人も多くいます。

自分たちの場合はどうだったか、
3年間は勉強だと思って頑張るべきなのか、
夫と語ってみました。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年10月19日 | Permalink

さらば41歳!人生初体験が多かった1年間でした


もうすぐ42歳になります斎藤です。

なんだか、この1年間はとても濃かった…。

41歳にして初!!ということがずいぶんあったように思います。
平均寿命の折り返しに差し掛かっているのに、まだまだ知らない世界がありました。

41歳で初めてしたことを指折り数えてみます。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年10月02日 | Permalink

地元民が青森の本当の魅力を発信するWEBサイト「リアル青森」スタート! 青森LOVERSの1人になりました

リアル青森トップページ

リアル青森トップページ


青森県の新聞社・東奥日報社が運営する「リアル青森」が本日よりリリースされました。

このサイトには、青森県・北海道(道南)の観光をけん引する15名の方々が登場し、青森の「リアルな情報」を日々皆様へご紹介します。
紹介するのは、有名なお祭りの裏舞台、地元民だから知っているとっておきのスポットや遊び方、グルメ…。地元紙・東奥日報による県内ニュース配信やランチ情報も盛りだくさんです。
このサイトについて | リアル青森-本当の青森を教える青森県の観光情報サイトより引用)

この15名の中にわたしも参加しています。
弘前市民として、北海道からの移住者として、母親として、日々感じる青森県の魅力を投稿していきます。


青森LOVERS15名

青森LOVERS15名


隣にたびすけの西谷雷佐さんがいる!
これは緊張しますね。西谷さんのブログ、毎回すごいうまくてうならされるんですよ。

まず、公開初日に向けて、はじめましての方に向けた自己紹介と、弘前まんじ札の記事を投稿しています。



わたしの投稿ページはこちら。
何か、取材動画投稿コーナーもあるようです。


このブログに書いてきた蓄積を活かして、より広いエリアの方に読んでいただけるように、記事の書き方、切り口も工夫していくつもりです。

他のエリアの方のブログも面白そうなので、ぜひのぞいてみてください。

(※記事中のスクリーンショット使用は許可いただいています)



Facebookはこちら


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年07月27日 | Permalink

初めましての方にさいとうのことがよくわかる12の記事をまとめました

1995年・20歳の頃、Win95のパソコンを使い始める

1995年・20歳の頃、Win95のパソコンを使い始める


この頃、自分について喋る機会が増えてきました。

最初は弘前市が移住をすすめるサイト「弘前ぐらし」のインタビュー。

90分間、これまでの人生について語った「弘前街ナカゼミ」。

そして、弘前のFMアップルウェーブ「津軽いじん館」に出演してきました。


アップルウェーブスタジオにて

アップルウェーブスタジオにて


津軽で活躍するさまざまな人をゲストに迎えて、楽しいトーク。「いじんさん」とは、偉人さん・異人さん・時の人・おもしろい人・・・。ラジオを聞いている皆さんからの推薦も大歓迎!
津軽いじん館より引用)

7月4日16:00~16:30と再放送が同日19:00~19:30、弘前近郊の方はFM78.8MHzで、それ以外の方はインターネットラジオでリアルタイムに聴くことができます。→放送終了しました。

自分の生い立ちとさいとうサポートのこと、キセカエヤについて、パーソナリティの倉田和恵さんに話しを引き出していただきました。

わたしは話すよりも書く方が言葉が出やすく、インタビューや講座などの前には、いったん関連する記事を書いて自分の中で言葉をまとめておいています。

それでも、話し終えての帰り道に、
「ああ、あれを忘れた!」
「あの言葉は誤解されるんじゃないか?」

など反省することしきり。

そこで、自己紹介のロングバージョンとして、わたしについてよくわかる記事をまとめました。
「斎藤美佳子」って何者?という方にどうぞ!


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年07月04日 | Permalink