キセカエヤ blog

青森県弘前市で着せ替え人形の楽しさを発信しています。

42ページ目 | リカちゃん

お揃いウェアと白いバラ。

またまたリカちゃんです。

お揃い

リカちゃんドールブック(no.12)に載っていたスカートと丸襟ブラウスを色違いで作りました。
ブラウスは普段作っているジェニーサイズよりも、後ろ身頃の縫い代が大きめでした。縫っている時は気付かなかったので、ちょっと大きめの出来上がり。ジェニーにも着せられます。

ビーズショップで白いバラのパーツを見かけて、やっぱりリカちゃんには白いバラのヘアピン!と長目の9ピンと合わせて購入。このへん、世代がばれますね。

アリエルリカちゃん ゆかたリカちゃん

人形用のヘアピンが欲しいなぁ。9ピンを曲げて作ったピンだとホールド力が無いので、差してあるだけです。

同じ型紙で同時に作ったのに、色柄とモデルでだいぶ雰囲気が違いますね。
思い切って2人同時にお迎えして良かった、と思う今日この頃です。


立て続けにリカちゃん本。

3日前に買ったばかりですが、リカちゃん本がさらに増えました。
楽天ブックスに注文していた「リカちゃん(no.13)絵本のドレス」が到着!
これも小森桃子さんの作品。
赤頭巾ちゃん、赤毛のアン、親指姫、シンデレラ、アリス、小公女などなど、子どもの頃に読んでいた絵本の主人公に扮したリカちゃんばかりの本です。
背景の絵もジェニー本(ゴシック&ロリータスタイル)と同じイラストレーターによるもので、かわいいながらもちょっと童話ならではの毒が隠れている雰囲気。
やっぱり基本と応用の本より難易度高いのですが、いずれ挑戦する……つもりです。


リカちゃん(no.13)


リトルマーメイドを見る。

鑑賞会

「リトルマーメイドだいすき リカちゃん」が来たので、やっぱりちゃんと見ておこうとTSUTAYAで借りてきました。
昨日、お盆休みの最後にリカちゃんズと鑑賞。
「あのドレスよくない?」
「いけっ、そこだっ!」

1回通して見てから、巻き戻して衣装をメモ。いずれリカちゃんサイズで作りたいな。

手芸店で白綿ローンと黒綿サテンを購入。あと、リカちゃん(no.12)手作り着せ替えドレス 基本と応用を買いました。
ジェニーサイズに慣れていると型紙がずいぶん小さく感じます。
もう1冊楽天ブックスでお取り寄せ中。本ばかり増えていきそう。
ちゃんと作ります、たぶん。

リカちゃん(no.12)


開封。

デフォルト

箱入りにするつもりはさらさら無いので、さっそく開封しました。
アリエルリカちゃんは箱に入っている時から華やかに美少女でしたが、ゆかたリカちゃんは開封して手に取ったらキラキラしてきました。メイク薄めな子を選んだので、浴衣以外の服も似合いそう。

取り替えっこ

リカちゃんの服はお互いの服しかないので、取り替えっこしてみました。
アリエルリカちゃん、いるいるこういう子! イマドキの浴衣着て街歩いている子みたい。
ゆかたリカちゃんは、海辺の別荘に遊びに来たお嬢様な雰囲気。
2人とも美白ちゃんです。紫外線対策も完璧、みたいな。

ジェニー用に作ったワンピースも着せてみました。
ハイウェストのミニワンピだったので、リカちゃんにはちょうどよいみたいです。

水玉もよう。

この後、ちょっと変わった衣装を作成に入ります。
試作品は袖の返しが出来なかった…。もっとゆったり作らなくちゃ。


ま、迷うっ!

新発売のディズニーコラボレートリカちゃんを店頭で見てきました。
な、なんですか。あのかわゆさは!
さすがMADE IN JAPAN。

特に好みなのがリトルマーメイド。
横分けストレートなリカちゃん好きにはたまりません。

ジェニーは前髪分け好きじゃなかったけど、リカちゃんは前髪横分けがツボなのはどうしてだろう…。
やっぱり2代目リカちゃんで子どもの頃遊んでいたからかな。
あの吊り目気味の目をちゃんと見たくなるのです。