デザイン角巻展2019を岩木で見てきました


雪国の昔なつかしい防寒具「角巻(かくまき)」を、現代の服飾デザインを学ぶ高校生がリデザインする「デザイン角巻展」、ようやく見てきました!

2019年は弘前市街地での展示がなく、弘前市岩木地区の岩木青少年スポーツセンターで2/23、24の2日間が最寄り会場でした。

24日(日)の岩木ウィンターフェスティバルに子どもと出かけてきた時に、こちらのデザイン角巻展も見てきましたよ。(むしろ、わたしのメイン目的)



ステージ発表には間に合いませんでした

本当はステージで11時から30分間の展示発表があるそうで、それを目指していたのですが直前で駐車場満車の渋滞にハマって間に合いませんでした…。

もしかして、もう角巻展も撤収されているかと思いましたが、ちゃんと飾られていました。よかった!

2019年弘前実業高校デザイン角巻展


デザイン角巻10点が並ぶ

デザイン角巻10点が並ぶ


このデザイン角巻、それぞれ協賛されている展示会場のイメージで作られているのですね。


ホテル青森/JAL青森支店

ホテル青森/JAL青森支店

立佞武多の館/天然温泉エルムの湯

立佞武多の館/天然温泉エルムの湯

青森県ノルディック・ウォーク連盟/ホテルグランメール山海荘

青森県ノルディック・ウォーク連盟/ホテルグランメール山海荘

東北温泉/岩木山観光協会

東北温泉/岩木山観光協会

ホテルアップルランド/南部屋海扇閣

ホテルアップルランド/南部屋海扇閣

家庭に眠っていた角巻を提供してもらったという記事を以前読みました。

フードがついたりこぎん刺しがあしらわれていたり、なかなか大胆なリメークをされていますね。



わたしもこの取組に感化されてリカちゃんに角巻を作りながら、
「ケープとマントとポンチョと角巻の違いとは?」
と考え込んでいました。

きっと毎年生徒さんも考えながら新しい角巻の形を作っているのでしょうね。


デザイン角巻を眺めるリカちゃん

デザイン角巻を眺めるリカちゃん


子どもが雪遊びをしている間、わたしは岩木山のふもとにたたずむ角巻リカちゃんを撮影したりしていました。


リカちゃんと岩木山

リカちゃんと岩木山


デザイン角巻展は3月、4月も巡回しています。

立佞武多の館のブログで日程が紹介されているので、見に行きたい方はこちらをチェックしてください。



【関連記事】



Facebookページでも日々発信♪


うらべっち

キセカエヤ

青森県弘前市で着せ替え人形の楽しさを発信しています。
ジェニーとリカちゃん、たまにBetsy、momoko。
ワークショップ、訪問キセカエヤもしています。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

RSS 2.0 Login