マーブルチョコみたいなワンピ。

金曜日に作り始めたワンピース。日曜日にあと一歩までできて、月曜日に完成して、火曜日に写真を撮って、水曜日にまた撮って、ようやくの掲載です。モデルは、わが家の茶髪おかっぱトリオ。
マーブルチョコみたいなパッチワーク布を使って、いっきに3着作りました。
はじめてのドール・コーディネイト・レシピの型紙そのままです。

ベチのは、おでこちゃんとニッキをモデルとした20cmドール用。ぴったりしていて、ちょっと腕周りがきつめです。胸元に飾りボタンを1つ付けました。

マーブルチョコワンピ(ベチ)ボタン付き。


リカちゃんのはブライスがモデルの22cm用。ボディサイズはほとんど同じなのでゆとりもあります。

マーブルチョコワンピ(リカちゃん)

ややハイウエストで子ども服なシルエット。ドーナッツのパーツとキーホルダー用チェーンでネックレスも作ってみました。

ドーナッツネックレス後ろ姿。

後ろは鎖編みの糸ループと3mmパールビーズ。
鎖編みの説明図を見てもよくわからず、植毛の時の鎖編みを思い出してようやくできました。
次回は5mmずつ足してスナップにしようかなぁ。ジャンパースカートなら重ね着するから糸ループ、と使い分けてみるとか。
糸ループをレース針で編む方法、kiyopさんがブログにご紹介されました。>こちら。詳しい画像付きで参考になります!


ジェニーはmomokoモデルの27cmサイズ型紙で。ダーツが前身頃のウエストと胸回りに入っていて、すっきりしたシルエットになってます。

マーブルチョコワンピ(ジェニー)すっきり

momokoボディの方が細身なので、ジェニーも胸回りがややきつめです。さすがアメリカ人。

シンプルなシルエットなので、小道具で色々と変化できそうです。

お嬢様風? メイド風?

このワンピースの制作ではあまりまち針を使わずに、ボンドかしつけ糸で事前に接着してから縫う方法を、本に書いている通りにしました。
なるほど、よくまち針を抜き差しする時にずれてしまうような細かい部分はこうやったらいいのですね。
自分が普段やらない工程をなぞってみるのもなかなか楽しかったです。

さて、最後のテーラードジャケットまで行き着けるかな?


うらべっち

キセカエヤ

青森県弘前市で着せ替え人形の楽しさを発信しています。
ジェニーとリカちゃん、たまにBetsy、momoko。
ワークショップ、訪問キセカエヤもしています。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

RSS 2.0 Login