キセカエヤ blog

青森県弘前市で着せ替え人形の楽しさを発信しています。

大和撫子のお披露目。

昨日、衝撃的な出会いをしたアヤさんに、今年の初めに作った振り袖を着てもらいました。
が、着せようとすると、伊達襟のへたれ具合や帯の色あわせの悪さにNG。
なにしろ、この頃は初めて和服を作り始めたばかり。特技に着付けが入っているアヤさんから、
「お仕立て直しをされた方がよろしいのではなくて?」
と言われている気がしました。
とりあえず、伊達襟をいったんほどいてアイロンかけてつけ直し、帯はリカちゃん用に作ったのを拝借。それでも帯揚げとか色が合わないのですが。

アヤさん振り袖姿。

いかがでしょうか、アヤさん。
「半襟が太すぎてすっきりしませんわ。それにおはしょり位置もうまくいってないようね。やり直しです」

…は、はい。
と、リボンを半襟にして、縫いつけてたおはしょりをほどいて、腰紐2本で着せ付けました。

アヤさん近影。

なんとかアヤさんにも許してもらえた気がします。
杏の着物をもう一着買えとの声もしますが、PC買わなきゃならないので、少々お待ちを。

お見合い写真になりますよ、アヤさん。
「失礼ね。わたくしまだ18歳です!」

サユリ姫といい、どうして着物が似合うドールは扱いが難しいのでしょう。そろそろ発売の着物みらい(黒髪ぱっつんボブ)もほしいのですが、考えてしまいます。

さて、次回は今度こそ、リカちゃん2人の写真です。