キセカエヤ blog

青森県弘前市で着せ替え人形の楽しさを発信しています。

プレイバック青春Days買ってみた

プレイバック青春Days

プレイバック青春Days


久しぶりに小道具用の食玩ぷちサンプルシリーズを買ってしまいました。

その名も「プレイバック青春Days」


'80年代~'90年頃のバブリーでトレンディな香りがプンプンするやつです。

同じ80年代のお人形と組み合わせたら楽しかろうと、さっそく開封してみました!

ラインナップがなつかしすぎる

箱の側面に、このシリーズの紹介があります。


プレイバック青春Daysラインナップ

プレイバック青春Daysラインナップ


「1:週末フリーウェイに乗って」とか、
「2:午前1時のハガキ職人」とか、
タイトルもいちいちおかしい。

「8:8181…(バイバイ)」って、
もう今の10代にはなんだかわからないのでは??

それにしても、この時代って恋愛ばっかりだったんですね。

開封生中継してみた

興奮していたので、動画で生中継してみました。

なかなかYoutuberのようにテンション上げてしゃべれるものではないですね!

一番目当てがキター!

開封前に当たることを祈っていた「4:部長の横顔 見ててもいいですか?」セットが出ました!


部長の横顔見ててもいいですか?

部長の横顔見ててもいいですか?


「NEW WHISKY」ですよ。
新しいんかーーい!ってツッコみたくなる。

こういう、タカラトミーからは絶対に出ないようなアイテムを、リーメントの食玩には期待しています。

'80年代のエリーさんと組み合わせたら

ここで、'80年代に発売されたクロード・モネコラボのエリーさんに登場していただきます。


クロード・モネ・エリー

クロード・モネ・エリー


着ているツーピースも当時のカラーパレットシリーズのものです。

このシルエットがバブル時代らしいですね。
ボディコンシャスとか言われる直前の頃。

背景まで作り込む余裕がなかったので、普通に机の上ですが…。


部長の横顔見ててもいいですか?

部長の横顔見ててもいいですか?


しまった。

エリーさん、18歳の設定だった……。

なお、もう一つの箱は「7:レンタルビデオ観る?」でした。

こちらは、またいずれジェニーと組み合わせてみたいですね。

バブル時代がなつかしい方、
社会に出るころにはバブルが弾けててうらやましかった方、
バブルは歴史としてしか知らない方も、
ちょっと手に取ってみるとおもしろいですよ。


Facebookページでも日々発信♪