選択されているタグ : output , Webサービス

タグの絞り込み

Canva(キャンバ)が日本語対応したので非デザイナーのブロガーがあれこれ作ってみた

CANVA(キャンバ)でコラージュ作成

CANVA(キャンバ)でコラージュ作成


昨日から、FacebookやTwitterではCanva(キャンバ)の話題がたくさん流れてきます。

無料で、誰でも、Webブラウザで、デザインすることができるサービスCanva。

日本でも数年前から知る人ぞ知るサービスでしたが、オーストラリア製のこのCanva、これまでは日本語対応がされていませんでした。

メニューが英語なのはまだ何とかなるのですが、日本語フォントが使えないのは致命的。

2014年にアカウントは作ってあったのですが、ちょっと触っただけですっかり放置していました。

それが、日本語メニュー、日本語フォント、日本向けデザインの追加!!

日本版の提供はJimdoやg.o.a.tでおなじみのKDDIウェブコミュニケーションズ!!

そんなわけで、喜び勇んであれこれ触って作ってみました。

非デザイナーのブロガーもこういうものができますよ、というご参考にどうぞ。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年05月25日 | Permalink

ブログ初心者に今おすすめする無料ブログサービス5選!【2017年1月】


新年になると、何か新しいことを始めたくなりませんか?

わたしは、昨年春から放棄した家計簿をもう一度つけてみようかとレシートをためています。

他にも運動、ダイエット、習い事など、
継続的な習慣を始めようとする人が多い時期、
「日記を書こう」
と決めた人もいるのではないでしょうか。

もし、あなたが日記をWEB上で書こうとしているのであれば、
おすすめのブログサービスをタイプ別にご紹介しましょう。

なお、以下の情報は2017年1月時点の内容です。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年01月03日 | Permalink

地元民が青森の本当の魅力を発信するWEBサイト「リアル青森」スタート! 青森LOVERSの1人になりました

リアル青森トップページ

リアル青森トップページ


青森県の新聞社・東奥日報社が運営する「リアル青森」が本日よりリリースされました。

このサイトには、青森県・北海道(道南)の観光をけん引する15名の方々が登場し、青森の「リアルな情報」を日々皆様へご紹介します。
紹介するのは、有名なお祭りの裏舞台、地元民だから知っているとっておきのスポットや遊び方、グルメ…。地元紙・東奥日報による県内ニュース配信やランチ情報も盛りだくさんです。
このサイトについて | リアル青森-本当の青森を教える青森県の観光情報サイトより引用)

この15名の中にわたしも参加しています。
弘前市民として、北海道からの移住者として、母親として、日々感じる青森県の魅力を投稿していきます。


青森LOVERS15名

青森LOVERS15名


隣にたびすけの西谷雷佐さんがいる!
これは緊張しますね。西谷さんのブログ、毎回すごいうまくてうならされるんですよ。

まず、公開初日に向けて、はじめましての方に向けた自己紹介と、弘前まんじ札の記事を投稿しています。



わたしの投稿ページはこちら。
何か、取材動画投稿コーナーもあるようです。


このブログに書いてきた蓄積を活かして、より広いエリアの方に読んでいただけるように、記事の書き方、切り口も工夫していくつもりです。

他のエリアの方のブログも面白そうなので、ぜひのぞいてみてください。

(※記事中のスクリーンショット使用は許可いただいています)



Facebookはこちら


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年07月27日 | Permalink

速報!岡詩子×斎藤美佳子のnote共同運営マガジンはじめました


本日公開されたnoteの新機能・マガジン共同運営を使って、わたくし斎藤とリネン作家の岡詩子さんで、こんなマガジンを始めました。


わかる人にはすぐわかりますが、すさまじく早かったはあちゅうさん×イケダハヤトさん×箕輪厚介さんのマガジンのスタイルを真似ています。

まず、マガジンの購入自体がわかりにくいかと思い、導入編のノートは無料で読めるように設定しました。
100円と書いていますが、最後まで読めます。単品で買わないでくださいね。

本州最北端の青森県から全国に向けてWEBを通じて発信し、読者と交流したり、商品やサービスを買っていただいているわたしたちが、ネットをどのように使い、どんなことを意識しているか、という参考にしていただけそうなネタから、仕事したくない時の逃避で見てしまうサイトや、裏の顔など、もろもろダダ漏れに発信していく予定です。
本日から7月23日まで1ヵ月間の限定更新です。

1000円の入場料1回きりで、このマガジンに追加される全ノートを読めます。
サウンドノートとかもやれるといいなぁ。

クローズな場ならではの話しを書いていきますので、この2人のノウハウを学びたい、盗みたい、という方はどうぞご購入ください。

最後に、主催イベント直前にも関わらず、メッセージのみですぐに応じてくれて、マガジン仕立ててくれた岡詩子さんありがとうございます。1ヵ月間よろしくね!

ブログはブログで、これまで通り運営していきます。
どうぞ、お楽しみに!




投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年06月23日 | Permalink

さいとう、まな板の上の鯉になる。NAVERまとめ桜川和樹編集長に添削された結果

AOMORI Media Labo.webコース講座「WEBならではの編集術」

AOMORI Media Labo.webコース講座「WEBならではの編集術」(写真提供:宮川克己さん)


初めてつくったNAVERまとめ、あおもりメディアラボのWEBコースの講座「WEBならではの編集術」で桜川和樹編集長にがっつり添削していただきました。

前回の記事はこちら。


この講座はワークスペースSHIFTにて2日間開催され、1日目だけが社会人も参加できるようになっていました。

WEBコース受講中の学生さんたちは2日目に添削を受けるということで、わたしともう1人学生さんが最初に添削をしていただきました。

ええ、周りはみんな学生さんです。
アラフォーのわたし、ほぼ親の世代ですね?

そんな中をまな板の鯉よろしくさばかれてまいりました。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年05月31日 | Permalink