速報!岡詩子×斎藤美佳子のnote共同運営マガジンはじめました


本日公開されたnoteの新機能・マガジン共同運営を使って、わたくし斎藤とリネン作家の岡詩子さんで、こんなマガジンを始めました。


わかる人にはすぐわかりますが、すさまじく早かったはあちゅうさん×イケダハヤトさん×箕輪厚介さんのマガジンのスタイルを真似ています。

まず、マガジンの購入自体がわかりにくいかと思い、導入編のノートは無料で読めるように設定しました。
100円と書いていますが、最後まで読めます。単品で買わないでくださいね。

本州最北端の青森県から全国に向けてWEBを通じて発信し、読者と交流したり、商品やサービスを買っていただいているわたしたちが、ネットをどのように使い、どんなことを意識しているか、という参考にしていただけそうなネタから、仕事したくない時の逃避で見てしまうサイトや、裏の顔など、もろもろダダ漏れに発信していく予定です。
本日から7月23日まで1ヵ月間の限定更新です。

1000円の入場料1回きりで、このマガジンに追加される全ノートを読めます。
サウンドノートとかもやれるといいなぁ。

クローズな場ならではの話しを書いていきますので、この2人のノウハウを学びたい、盗みたい、という方はどうぞご購入ください。

最後に、主催イベント直前にも関わらず、メッセージのみですぐに応じてくれて、マガジン仕立ててくれた岡詩子さんありがとうございます。1ヵ月間よろしくね!

ブログはブログで、これまで通り運営していきます。
どうぞ、お楽しみに!




投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年06月23日 | Permalink

ふらいんぐうぃっち舞台めぐり、1巻表紙の巌鬼山神社へ行ってみた

巌鬼山神社

巌鬼山神社


弘前に暮らす魔女の日常を描いたマンガ「ふらいんぐうぃっち」のロケ地を訪ねる聖地巡礼、今回はコミックス1巻表紙の巌鬼山(がんきさん)神社へ行ってきました。

ARアプリ舞台めぐりで(現時点では)弘前の街中から一番遠くのスポットです。

推定樹齢1000年以上の巨木もある巌鬼山神社、たしかに魔女が喜びそうなパワースポットでしたよ。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年06月13日 | Permalink

ふらいんぐうぃっち聖地めぐり下湯口編・真琴たちが暮らす風景へ

下湯口のバス停にて撮影

真琴ちゃんが降りた下湯口のバス停にて撮影


家族がそろった休日、西目屋方面にドライブしてきました。

毎週、家族で「ふらいんぐうぃっち」を見ているわたしたち。
途中の下湯口にてロケ地をめぐるプチ聖地巡礼もしてきました。

今回は、下湯口バス停~神明宮~紙漉澤橋のルートで撮影してきましたよ。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年06月05日 | Permalink

【初心者向け】「SNSとツイッター」で検索して来る方に図解します

アクセス解析を見ていると、どんなキーワードで検索して当ブログに来ているのかを見ることができます。
(誰が、まではわかりません。ご安心を)

そこでたまに見かける言葉。
「SNSとツイッターの違い」
「SNSとフェースブック、どちらがいい」
「SNSとインスタグラム(以下略)」


……
………使い慣れている方はおわかりでしょうからスルーしてください。

気になるので、SNSで検索してみると、
「SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービスの略称で…」
「社会的な関係性をWEB上で構築し…」
「双方向のコミュニケーションが…」

などなど詳しい解説がたくさん出てきます。

うん、説明って難しいですね。
たぶん、今になってこの言葉で検索してくる人にはもっとわかりやすいたとえが必要でしょう。

ということで、いつものゆる絵で解説します。今回は短いですよ。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年05月31日 | Permalink

さいとう、まな板の上の鯉になる。NAVERまとめ桜川和樹編集長に添削された結果

AOMORI Media Labo.webコース講座「WEBならではの編集術」

AOMORI Media Labo.webコース講座「WEBならではの編集術」(写真提供:宮川克己さん)


初めてつくったNAVERまとめ、あおもりメディアラボのWEBコースの講座「WEBならではの編集術」で桜川和樹編集長にがっつり添削していただきました。

前回の記事はこちら。


この講座はワークスペースSHIFTにて2日間開催され、1日目だけが社会人も参加できるようになっていました。

WEBコース受講中の学生さんたちは2日目に添削を受けるということで、わたしともう1人学生さんが最初に添削をしていただきました。

ええ、周りはみんな学生さんです。
アラフォーのわたし、ほぼ親の世代ですね?

そんな中をまな板の鯉よろしくさばかれてまいりました。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年05月31日 | Permalink