弘前ねぷたまつり2017年、弘前市民が随時写真と動画をアップしていくよ【20170807up】


本町ねぷた愛好会の扇ねぷた「水滸伝九紋龍力闘の図」(20170801撮影)

本町ねぷた愛好会の扇ねぷた「水滸伝九紋龍力闘の図」(20170801撮影)


弘前の短く熱い夏を盛り上げるねぷた祭りが始まりました!

8月1日から7日までの一週間、弘前市内は祭りムード一色です。

わたしにとっては5回目になるねぷた祭り。

ねぷたを見てきたら随時こちらの記事に写真と動画を掲載していきます。

写真はクリック、タップすることで拡大します。

※実物を見る前にネタバレしたくない方は見ないでくださいね!


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年08月07日 | Permalink

青森・田舎館村の田んぼアート2017が過去最高に精密になった理由

田舎館村田んぼアート第1会場「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」(2017年6月28日撮影)

田舎館村田んぼアート第1会場「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」(2017年6月28日撮影)


田舎館村田んぼアート「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」(2017/07/08撮影)

(2017/07/08撮影)


田舎館村の田んぼアート第一会場「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」(2017/07/24撮影)

田舎館村の田んぼアート第一会場「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」(2017/07/24撮影)


今年も来ました青森県田舎館村の田んぼアート!

人口約8000人の村が稲でつくる一大絵巻です。

今年は「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」「桃太郎」、神話と民話がモチーフになったオリジナル図案。

第一会場の「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」は、7色13種類の稲を14,500点ものポイントで区切って描いたそうです。

田舎館村の描画レベル、どこまでいくのか…。

これまで、田植えから3週間ほどの6月28日、さらに10日後の7月8日、見ごろ宣言後の7月24日に行って撮影してきました。

その変化を随時更新してお知らせします。

これは、見ないと損ですよ!


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年07月31日 | Permalink

【2017年】弘前エリア春のイベント情報【随時更新】

2016年弘前さくら祭りより

2016年弘前さくら祭りより


3月になりましたので、春のイベント情報ページを作りました。

ネットと広報と掲示板と口コミから集めた弘前エリアのイベント情報です。

この記事では2017年3月~5月の間に開催される、弘前市および車で1時間以内のエリア情報を掲載します。

情報は執筆時点のものです。ご参加の際は、主催・運営の情報を今一度ご確認ください。
この記事は随時更新します。イベントの情報もお待ちしております。


メール(info@saitoumikako.com)または、FBメッセージTwitterからでもご連絡いただけます。

なお、元々は自分が子どもと遊びに行くためのリストなので、家族で楽しめそうなイベントを優先してご紹介しています。ご了承ください。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年03月03日 | Permalink

弘前城雪燈籠まつり、メイン会場の最寄り駐車場を探してみた

2017年弘前城雪灯籠祭り会場内のバルーンフォトコーナー

2017年弘前城雪灯籠祭り会場内のバルーンフォトコーナー


弘前公園で開催される冬のお祭り、弘前城雪燈籠まつりが、今年も始まりました。

雪の灯籠、大雪像、雪の巨大すべり台、ねぷたの錦絵通路もあれば、寒い日にうれしい屋台もあります。

昼は子どもたちの雪遊びに、夕方からはしっとりとした雰囲気の雪明りをながめたり、大雪像に照らされるプロジェクションマッピングを楽しむことができます。

そんな雪燈籠まつりに出かける時に気になるのが、
どこに車を止めて、どこから入ったらいいか?
ということ。

目的別に最寄りの駐車場情報を、実際に歩きながらまとめました。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年02月11日 | Permalink

【2017年】弘前冬のイベント情報【随時更新】

2016年弘前城雪灯籠祭りより

2016年弘前城雪灯籠祭りより


雪も降ってきたので、弘前周辺エリアのイベント情報をまとめます。

この記事は2016年12月~2016年2月の間に開催される、弘前市および車で1時間以内のエリア情報を掲載します。

▼2017年春のイベント情報はこちら▼



投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年12月01日 | Permalink