「沈黙のWebライティング」で理論と情熱のライティングをインストール!

沈黙のWebライティング

沈黙のWebライティング


このやたら強そうな本、「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉」を、年末に一気読みしてしまいました。

同時に買ったふらいんぐうぃっち5巻と比べて、この大きさと厚みです。

Webライティングを題材にしていながら、ハードボイルド風アクションの体裁をとった異色の本。

ストーリー本編はほとんどWebで公開されているにも関わらず、2,000円出して書籍も買ってしまうというおそろしい本です。

間もなく、この本の著者・松尾茂起氏が青森のセミナーに登壇されるので、未読の方には全力でオススメしておきます!


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年01月19日 | Permalink

AmazonのKindle読み放題サービス、47冊を読んで解約しました

8月に始まったAmazonの電子書籍定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」、3カ月近く使って47冊の本・雑誌・コミックを読みました。

サービス利用開始時に書いた記事
夏休みの長距離移動にKindle読み放題サービスをお試ししているさいとうの読書リスト

最初の30日間は無料体験なので、980円の月会費を2回払ったことになります。
そして、4カ月目に入る前に、いろいろと考えた結果、解約手続きをすることにしました。

その理由と、解約方法、読んでよかった本をご紹介します。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年11月04日 | Permalink

マンガ好きなアラフォー夫婦が読んでる連載中コミックス


うちは、趣味で出会ったオタク夫婦なので、マンガもよく読んでます。

わたしは青年漫画もOK、ダンナも少女漫画もOKなので、好きな作品はいっしょに読んでます。

そんな40代夫婦が、いま追っている連載中作品をさらします。

どれも、大人が読んで楽しめる作品ばかり……ですよ?

なお、作品紹介はすべてAmazonの内容紹介から引用しています。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年10月04日 | Permalink

夏休みの長距離移動にKindle読み放題サービスをお試ししているさいとうの読書リスト

お盆シーズンは息子と2人で北海道に帰省しています。

青森県から北海道なんてお隣だしすぐですよねー、なんてことはなく! 北海道新幹線が開業してもなお6時間半はかかります。(札幌駅から実家への移動含む)

長旅を飽きずに過ごす為に、Amazonの電子書籍サービスKindleを昨夏から導入しました。

今年はこれ! Kindle unlimitedです。 つまり、電子書籍の読み放題サービス。 8月3日より始まり、日本の出版業界にとって黒船かと言われているやつです。

お試しで30日間利用できるので、この夏休みのおともに利用してみることにしました。

読み放題対象に入っていておどろいた&うれしかった本のリストと併せてご紹介します。 (なお、情報は8月15日の執筆時点のものです)


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年08月15日 | Permalink

[太宰治生誕祭直前]金木に行くなら疎開の家→斜陽館の順に行け!とすすめられる理由

太宰治疎開の家 津島家新座敷

太宰治疎開の家 津島家新座敷


さて、いよいよ太宰治が暮らした家屋を訪ねます。

まずは、こちらの「太宰治疎開の家 津島家新座敷」へ。

わたしも父もこちらのことは知らなかったのですが、知人から「金木に行くならぜひここへ!」とプッシュされ、職場の行事で金木へ行ったことがある夫からも「行くなら疎開の家に行ってから斜陽館に行くべし!」とルートまでおすすめされました。

そして、行けば納得。なるほど順番としてはここから見始めた方が良いと実感しましたよ。
おすすめいただいた皆さんありがとうございます!


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年06月15日 | Permalink