数字を上げない移住者にもウェルカムと言えるかどうかが鍵

ちょっと告知が続きます。

1月22日(日)に開催される、「あおもり回帰1000人会議in弘前(主催プラットフォームあおもり) 」にゲストとして参加します。

他のゲストはリネン作家の岡詩子さん
りんご公園で息子が摘花を教わった弘前シードル工房kimoriの高橋哲史さん
あのタワーバーガーのカフェレストランデュボワのオーナーの井上信平さん
と面白いことをしている人たちです。

これは、わたしも色々聞いてみたい!

詳しい内容とお申し込みはこちら↓をご覧ください。


そんな折、このニュースが流れてきまして、道産子としては読みに行くわけです。

Yahoo!ニュースの方が消えていたら、こちらから。

……これ、最初に見た記事タイトルと切り出し方が変わっているんですけど。

 2015年の住民基本台帳人口移動報告(総務省統計局)によると、東京都の日本人人口社会増(転入超過)は8万1696人増。埼玉、千葉、神奈川の3県を加えた東京圏でも計11万9357人増だった。

全体に人口減少化の中で、首都圏の増加ぶりが突き抜けてますね。

細かく自治体のホームページを見ると、ワースト1の北海道でも札幌市は増えています。

そんな状況の中で思うこと。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年01月07日 | Permalink

アラフォーオカン、スタートアップ『Players1st』にジョインしました

Players1st トップページ

Players1st トップページ


前回の記事でも少し書きましたが、あらためまして。

8月24日より株式会社プレイヤーズファーストに参加しています。
本社所在地は 東京都世田谷区
代表取締役CEOの深海寛信とPRマネージャーの2名の他は、わたしを含む4名が青森県在住
通勤や時間の拘束が無い完全なリモートワーク(遠隔勤務)体制で仕事をしている変わった会社です。

いわゆるスタートアップと言われる起業形態です。
参加はjoinだし、会議はmeetupだし、サービススタートはlaunchだし、課題はissueだし、色々と英語多くて異文化感満載です。わたし、ここにいていいのかしら…。

初めてのことをするのは、いつも不慣れでわたわたするけれど、使っていなかった部分の脳細胞が動きだす感覚があって楽しい。

スタートアップなんて遠い世界のお話しと思っていた、青森県弘前市に住むアラフォーオカンがなぜこの会社にjoinすることになったのか、というお話し。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年09月16日 | Permalink

すんたろす氏の津軽弁動画がおもしろすぎて家事がすすまない件

すんたろす氏(@tsugaru_bigface)の動画より

すんたろす氏(@tsugaru_bigface)の動画より


すいません、つい数日前に知りましたすんたろす( @tsugaru_bigface )さんのお笑い動画。

プロフィールを見ると青森市出身の20歳
今は仙台在住で東北大学の学生さんのようですね。

Twitter、ツイキャス、youtube、Periscope、Vine、MixChannel(ミクチャ)、Instagramなど様々なメディアに投稿されています。

わたしが最初に見た動画はTwitterで流れてきたこちら。

遅ればせながらその魅力にはまってしまったので、上の動画が面白かったら続きをどうぞ!


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年06月10日 | Permalink

北海道の難読地名はもう飽きた? それなら、青森県弘前市の難読地名10選に挑戦してみよう

撫牛子こども会ねぷた

撫牛子こども会ねぷた


北海道の難読地名クイズを見かけたのですが、全然難しくないのですよ。

わたしは道産子だから当然だとしても、北海道の難読地名ネタはさんざんテレビや雑誌、ネットでも繰り返し話題になっているので、道外の人も聞いたことくらいあるでしょう。

「ああ、長万部(おしゃまんべ)ね」
「はいはい、歌志内(うたしない)」
みたいな。

そんなあなたに、地味に難易度が高い津軽の地名クイズをどうぞ!
今回は「弘前市内の地名限定」です。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年04月13日 | Permalink

津軽弁オノマトペ第2弾「わすわす」「でらでら」って?

先日の「ハカハカ」「うぬうぬ」「ぱやぱや」…津軽弁のオノマトペを道産子が適当に描いてみたらに対して、弘前の友人からさらなる問題が送られてきました。

よし、やってみましょう! って、ことで書いたのが、こちらです。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年03月12日 | Permalink