選択されているタグ :

100回目の弘前さくらまつり2017、弘前公園近くのホテル情報を地元ブロガーがまとめたよ

弘前さくら祭り2016の花筏(4月27日撮影)

弘前さくら祭り2016の花筏(4月27日撮影)


人気のFacebookページ「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」で4万を超す「いいね!」を集めた弘前公園の花筏。

満開の桜だけではなく、散り際も美しいということで、多くの観光客が4月下旬から5月にかけて訪れます。

大正時代の観桜会から始まった弘前さくらまつり、実は今年が100回目の開催です。


今年は特別に期間を前後に伸ばし、2017年4月22日(土)~5月7日(日)に開催されます。
いつもは4月23日~5月5日なので、3日間増えました。

しかし、問題がひとつ。

弘前市内は1日の宿泊可能人数が1万人分ないそうです。

もう、弘前市が民泊提供者を募集するレベルです。

つまり、県外から来る観光客にとって、弘前市内の宿を予約することはなかなかのハードモード。

4月に入ってから考えよう、なんて思っていたらとっくに近くのホテルは埋まってしまっています。

もう、休みの日を決めてしまいましょう!

有給休暇は申請してしまいましょう!

そして、3月のうちに宿を予約するのです。

そんなわけで、今ならまだネット予約可能な、弘前公園と駅・バスターミナルにアクセスのよいホテルを弘前市民がご紹介します。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年03月02日 | Permalink

弘前公園の「桜色のカーペット」花筏に見とれたいあなたへ

4月27日の花筏

4月27日の弘前城外濠の花筏


早咲きの今年の桜は、ソメイヨシノがGW前に散り始め、世界からも注目されている「花筏(はないかだ)」が見られるようになりました。

小さな動画で見ていただくと、そのハラハラと降る花吹雪も見えるでしょうか。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年04月29日 | Permalink

弘前デザインウィークのInstagramワークショップで6歳の息子がインスタグラマーになりました

弘前公園本丸展望台から岩木山と桜を狙う息子

弘前公園本丸展望台から岩木山と桜を狙う息子


4月24日、「HIROSAKI DESIGN WEEK」主催の「インスタグラマー・ワークショップ」に参加してきました。

6歳の息子を釣るのに「いっしょに写真の教室につきあってくれたら、このデジカメをあげるから」と、7年前に買ったコンデジ(FUJI FinePix F100fd)を見せたところ、思いのほか乗り気になり、Instagramでどちらが多く「いいね!」がつくかを挑戦されるはめになりました。

そんなインスタグラマー・ワークショップの様子をご紹介します。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年04月25日 | Permalink

あの「弘前公園のハート」が桜色になっています

弘前公園のハート(4月22日撮影)

弘前公園のハート(4月22日撮影)


曳屋ウィークでクイズになっていた「弘前公園のハート」が桜の花盛りになっています。

この時期ならではのピンクのハート、好きな人といっしょに撮ってみませんか?


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年04月25日 | Permalink

【随時更新】弘前さくらまつりに、子どもと出かける時の行き方を考えてみた

2010年GWの弘前さくらまつり観光

2010年GWの弘前さくらまつり観光


いよいよ開幕します弘前さくらまつり!

…え、これまでさんざん写真やら動画やら上げていたのに、まだだったの?
はい、まだでした。今までは今年の桜が早咲きだったための準まつり期間でした。

この4月23日からゴールデンウィーク5月5日までが、桜まつりの本来の期間です。
市外・県外・国外からも多くの観光客がやってきます。
多い日には来場者が1日30万人を超えます。人口18万弱の都市に。

しかし、弘前の道路は城下町だけにかなり複雑。
渋滞もおきるし、駐車場を探すのも大変です。

また、弘前公園もとても広い!
園内をかなり歩きます。
まだ子どもが小さいと、親も抱っこやおんぶで連れていくことになり、相当体力を使います。

そこで、弘前ビギナーで子連れの方にちょうどいいルートを、子どもと弘前に移住した道産子が考えてみました。
弘前に初めて来る家族連れのご参考になれば幸いです。
(地元民は色々裏ルートを知ってるので、ふふんと笑いつつ読んでください)


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年04月23日 | Permalink