選択されているタグ : 弘前 , プロレス

つがるプロレス第三戦、gosaku不在ながらものびのびした興行でした

前回、メインでふがいない試合をしたgosaku選手が追放される、というまさかの事態になったつがるプロレス。

それでも、第三戦の興業は(今回も二転三転しながら)始まりました。

わたしも今まで応援してきた手前、どのようなことになっているのか見届けようと、不安も感じつつ行ったのですが、実にのびのびした明るい雰囲気のプロレス興行でした。

新エースとなったTAKEMARU、謎の岩木山仮面、もはやレギュラーのミスター雁之助&ガッツ石島、女子プロも、地方アマチュア団体の試合もいつも通りなのに、前回より晴れ晴れしてた不思議。

そんなつがるプロレス第三戦の模様をお届けします。

ざっくり結果だけ知りたい方は、こちらをどうぞ。

それでは、レポートへいってみましょう!


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年11月20日 | Permalink

【王道プロレス】弘前移住して4年後、隣に仮面貴族ミル・マスカラスが立ってて震えた話し

花束贈呈後の記念撮影。右から3番目が斎藤(写真提供:工藤健さん)

花束贈呈後の記念撮影。中央ミル・マスカラス選手(写真提供:工藤健さん)


まさか、こんなことが自分の人生に起こるとは思ってもみませんでした…。

あの、伝説のプロレスラー“仮面貴族”ミル・マスカラスと同じリングに並んで立ちました!

この興奮、プロレスファンならわかるはず。
もう、緊張のあまり顔がこわばってます。(写真右から3番目がわたし)

曙が率いる新しいプロレス団体「王道」。
昨年の全日本プロレス弘前大会と同様にプロレスのチカラ実行委員会主催のチャリティー大会です。

こちらに、当日の場内係スタッフとして参加してきました。

なお、今回は観戦記ではありません!
お客様を誘導しながらだったのもありますが、もう1プロレスファンとして感激し過ぎて記憶が確かでないからです!

そんな舞い上がったレポートですが、どうぞ!


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年08月07日 | Permalink

つがるプロレス第2戦、メインのふがいなさにミスター雁之助の叱責が響きました

メイン終了後、ミスター雁之助の公開説教マイク

メイン終了後、ミスター雁之助の公開説教マイク


「オイ、gosaku!! なんのためにプロレスやってんだよ!!」

7月24日、つがるプロレスの旗揚げ第2戦が河西体育センターで開催されました。
メインは看板選手の gosaku vs ミスター雁之助。
大仁田厚のFMW初期に育ったレスラー同士のシングルマッチです。

そこで繰り広げられたのは、一方的な叩き潰しとガチンコ以上にガチな公開説教でした。

晴天の日曜日、家族で観に行ったプロレス興行がこんな結末を迎えるとは…。
起きたこと、見たことを洗いざらい書きます。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年07月27日 | Permalink

つがるプロレス旗揚げ戦、あの船木誠勝と並び立つgosakuの姿に続けるつよさを見た

つがるプロレス全試合後の会場

つがるプロレス全試合後の会場


前回に続いて、つがるプロレス旗揚げ戦のレポートをお届けします。

メーンイベントは弘前市の弘前大学教育学部附属中学校OBタッグ、船木誠勝&gosaku、TAKEMARU対ミスター雁之助&ガッツ石島、神楽です。

なお、TAKEMARU選手は附属中出身ではありません。
なぜか、当日になってのカード変更で6人タッグマッチになっていました。

開始前~セミファイナルまでのレポートはこちら>つがるプロレス旗揚げ戦、波瀾万丈の幕開け


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年04月07日 | Permalink

つがるプロレス旗揚げ戦、波瀾万丈の幕開け

河西体育センター

河西体育センター


4月3日(日)、弘前市の河西体育センターにて開催されたつがるプロレスの旗揚げ戦に6歳の息子と2人で行って来ました。
当日に至るまで、いや、当日になっても二転三転していた波瀾万丈の幕開けでした。

その一部を写真多めでお伝えします。
なお、まだ試合結果や動員数などの発表が見当たらないので、色々と不備ありますがご了承ください。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年04月06日 | Permalink