選択されているタグ : 子育て , 絵本

タグの絞り込み

「ぐりとぐら」に出てくるあの歌、どうやって歌っていましたか?


ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

みんな大好き「ぐりとぐら」

わたしももちろん読んでいましたし、息子にも買いました。


1963年初版、2011年第187刷!

1963年初版、2011年第187刷!


このロングセラーの絵本、最初にぐりとぐらが登場する時に歌を歌っているのです。

ぼくらの なまえは ぐりと ぐら
このよで いちばん すきなのは
おりょうりすること たべること
ぐり ぐら ぐり ぐら

そこを読む時、皆さんどんな風に読んでいるのか、歌っているのか気になっていたら、おもしろい本を見つけました。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2015年12月18日 | Permalink

息子が好きな絵本紹介:緻密な絵とだじゃれが楽しい「おやおや、おやさい」

息子が2歳ぐらいの頃からヘビーローテーションしている絵本をご紹介します。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2015年11月13日 | Permalink

読み聞かせをするなら、先にさっとでも目を通すべきだった問題

やっちまいました…。

図書館で借りてきたこの本、小学生低学年向けからだし、他の話しを読んでもそれほど怖くなかったので、油断していました。

この中に収録されている「つらら女」が怖すぎて、先読みしないで寝かしつけの読み聞かせで読んだところ、息子大号泣。

やはり、読み聞かせをする前は、ささっとでもあらかじめ目を通しておくべきだったと痛感した夜でした。
寝かすまでに時間かかったぜ。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2015年11月05日 | Permalink

息子が好きな絵本紹介:「おならくん」はもっと評価されるべき!

子どもに「こうなって欲しい」と望むことはあまりないけれど、本が好きになってくれるといいなぁと願う本好き夫婦です。

0歳~5歳ぐらいまでは、まじめに毎晩絵本の読み聞かせしていましたよ。

最近、息子があまりに就寝が遅くて読めない夜も多いけど

たくさん買った、借りた絵本たちの中で、息子にウケがよかった絵本、わたしが読むのに好きだった絵本を、ちょっとずつ紹介していきます。

今日は、「おならくん」(さく・おなかさとし)、弘前に移住した直後に出会った絵本です。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2015年10月04日 | Permalink