選択されているタグ : 子育て , 祭り

『2017年版』うわっ…弘前の宵宮、多すぎ…? お財布にやさしい楽しみ方を考える


弘前の宵宮

弘前の宵宮


6月から8月の時期、夕方近くになると、毎日のように「ドーン、ドーン」と、お祭りの開催を知らせる花火が鳴ります。
津軽地方で言うところの「宵宮(よみや)」のお知らせです。

この弘前に移住して驚いたのは、その数!
弘前より人口が多い青森市、八戸市よりも宵宮の日程が多い。

札幌など1つの区で弘前市より人口がいたりしますが、神社のお祭りは各区に年に2~3回くらいじゃないでしょうか。

夕方にあの合図の音を聞くと、子どももソワソワ。
正直、家計のピンチです。
そんな、お祭りの多い街での工夫を書いてみます。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年06月06日 | Permalink

今年の弘前城雪燈籠まつりは、3回も行ってたって話ししたっけ?

弘前城天守閣と雪燈籠

弘前城天守閣と雪燈籠


弘前市民なのに田舎館村のスノーアートのことばかり書いてましたが、しっかり同じ期間の弘前城雪燈籠まつりにも行っていました。

それも、3回も!!

行ったのは9日の夜、10日の昼、11日の夜です。

寒いのが苦手なわたしにしては、けっこうがんばって出かけていました。

その振り返りをまとめておきます。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年02月19日 | Permalink

弘前りんご公園でりんご花まつり開催中。子どもは摘花も楽しんでいます

りんごの花ざかり

りんごの花ざかり


弘前さくらまつりが終わったら、弘前りんご花まつりが始まりました。
短い花盛りを楽しみに、あるいは巨大アップルパイやヒーローショー、パンフェスタを楽しみに、多くの人が集まっていましたよ。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年05月08日 | Permalink

【随時更新】弘前さくらまつりに、子どもと出かける時の行き方を考えてみた

2010年GWの弘前さくらまつり観光

2010年GWの弘前さくらまつり観光


いよいよ開幕します弘前さくらまつり!

…え、これまでさんざん写真やら動画やら上げていたのに、まだだったの?
はい、まだでした。今までは今年の桜が早咲きだったための準まつり期間でした。

この4月23日からゴールデンウィーク5月5日までが、桜まつりの本来の期間です。

2017年は100年目記念ということで、4月22日(土)~5月7日(日)に開催します。

市外・県外・国外からも多くの観光客がやってきます。
多い日には来場者が1日30万人を超えます。人口18万弱の都市に。

しかし、弘前の道路は城下町だけにかなり複雑。
渋滞もおきるし、駐車場を探すのも大変です。

また、弘前公園もとても広い!
園内をかなり歩きます。
まだ子どもが小さいと、親も抱っこやおんぶで連れていくことになり、相当体力を使います。

そこで、弘前ビギナーで子連れの方にちょうどいいルートを、子どもと弘前に移住した道産子が考えてみました。
弘前に初めて来る家族連れのご参考になれば幸いです。
(地元民は色々裏ルートを知ってるので、ふふんと笑いつつ読んでください)


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2016年04月23日 | Permalink

百石町納涼夜店祭りをそぞろ歩く…つもりがゆうぐれ児童館にはまってました

百石町納涼夜店祭り

百石町納涼夜店祭り


7月24日(金)~26日(日)の3日間、弘前市の百石町商店街で開かれている「百石町納涼夜店祭り」を歩いてきました。
移住3年目の夏ですが、このお祭りに行くのは初めてです。
商店街中心に地域の人たちの参加するお祭りという雰囲気、のんびり楽しんできました。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2015年07月26日 | Permalink