キセカエヤ blog

青森県弘前市で着せ替え人形の楽しさを発信しています。

リカちゃんキャッスル in 岩手(2013年) part3。

LC岩手の思い出、まだ続いてます。今回は「おじゃましました」系。

と言っても、もっぱらekさん&まりぞうさんのブースで遊んできたのですが。
なにせ、3歳児が機関車つかんで離さなかったし。

キサラ&エリー

まりぞうさんと言えばエリーさん、エリーさんと言えば、同期フレンドのキサラ。
なので、うちからもリトファオーダー1号キサラを連れて行きました。
はじめてのDCRシャツと、ジェニーウェアボックスのサロペット、帽子はたしかボブガール・リエの。
発売当時のエリー&キサラとは、だいぶ雰囲気が違う2人です。息長いなぁ。

ekさんのフロッキープリントTシャツを買ったので、さっそく着せてモデルさんに混ざってみました。
ekさんTシャツ
カーキ大好き。

シーナ揃え。
シーナ揃え
なぜか、このショートカットのシーナが来る気がしてて、再販(灰箱)シーナを持参。
精巧なディーラーさんの服をお借りして、着せる時に緊張しました。
ショートのシーナさんは、以前お贈りした拙作を着てくださってます。これ、以前に右のシーナに着せて撮影してたんだっけ。奇遇ですがうれしいです。

そんなほんわかしたカントリーワールドの壁の向こうでは、
演歌な二人
演歌だってカントリーソングだよって、幾三トムに着物のナオミ。
着付け、久々で時間かかったけど、連れて行ってよかった!

幾三トムには、ただいま練習中の津軽こぎん刺しをあしらったポーチを。
幾三トム
ねぷた祭りで、笛や太鼓やる人が、貴重品とかタバコだけ入れるポーチ下げてたのを参考に。


3歳児の息子は、ekさんからいただいた機関車と、休憩コーナーのジュース、ちびっこ向けのプレイスペースで楽しんでました。
さすがに2時間近く経つと、「もう、帰ろー」コールが出始めたので、高速バスの時間を見計らって退出。
最後バタバタしたので、きちんとご挨拶できずに失礼しました。
会場から駅のバス乗り場までタクシーならすぐだろうと予想してたら、意外とかかって出発3分前に乗車しました。あぶねー!

帰りは乗り継ぎなしの直行高速バスで2時間ちょっと。
疲れた息子はぐっすり……という展開を期待したけど、いただいた機関車がうれしすぎて、最後の15分くらいしか寝ませんでした。
でも、やっぱり乗り換え無しは楽でいいね。
新幹線はやては指定席オンリーだから、バスの倍料金かかるし、一度青森まで出なければいけないし。
息子が納得してくれるなら、次の盛岡行きはバス往復でもいいかなー。

というわけで、どうなるかハラハラしていた子連れでドールイベント参加も、無事に楽しんで帰ってこられました。
成功のポイントは、
1:リカちゃんキャッスルのイベントはファミリー向けで、子どもの参加OKな雰囲気があること。プレイスペースもリカちゃんばかりかと思ったら、ロボットの玩具もありました。
 たぶん、ドールイベントと言っても、大人ファン対象の都市型イベントなら子連れで行かなかったです。

2:遊んでくれる友だちがいたこと。まりぞうさんがディーラーなのに、息子と遊んでくださったおかげで場内を見て回ったりちょこっと買い物したりできました。
 これが完全に知らない人ばかりで、『あの人、男の子を無理矢理連れてきてw』って思われてるんじゃないかって周りを伺ってたら楽しめなかったです。

3:多くを望まない。リトファのオーダーやリメイクはすっぱり諦めて予約もしませんでした。完全に集中できる時間がとれないと、髪色やリップ選ぶの難しいし、順番待ちしていても子どもの状態次第では流れてしまうこともあるし。買い物も、ざーっと見て、後でオンラインで買えるものは無理して選ばないようにしました。
参加さえできれば充分と思っていれば、それ以上のことは期待以上の成果ということになります。

4:子どもにもお楽しみ。 今回は「初めて新幹線に乗る!」のが釣り餌でした。行けば行ったで、チョコファウンテンとか、機関車の玩具とか、息子にとっても楽しいことがありました。ドール好きな子どもなら行くだけで満足かもしれませんが、そうでなければそれなりに戦略立てて。

5:ハハが楽しい。 いや、もうだって100%親のエゴですから。周りに厳しいこと言う人がいなかっただけで、遠くにはいるかも。
でも、子どものことと家事、仕事、それで手一杯じゃなくて、うちでお人形遊びしたり、ミシンで服作ったり撮影したり、たまには出かけていって同じ趣味の友だちとキャッキャしたり、そういう姿見せておくのもいいかな、と。大人になって、自分で財布やりくりできるようになると、こんな遊びもできるんだぜーとか。


ともあれ、周りの方々のおかげ様、息子がよいこしていたおかげ様で、がっつりドール分補充してくることができました。本当にありがとうございます。

後はぽちぽちと、入手したものを着せた写真などお披露目していきますね。


スクールガール風ウェアボックス。

それはそれ、これはこれ、としてタカラトミー社の新作ジェニー用ウェアを購入してきました。
今回は、ウェアボックス第3弾の中で新しいカテゴリのスクールガール系から3点を買いました。
モデルはオールドフレンズなフローラ(写真左)とシーナ(右)。
着用例の組み合わせをしようにも、トップスとボトムが組み合うものが品切れでしたので、別の組み合わせに挑戦です。

フローラが着ているのはST2とSB4↓


ハイソックスはアゾンの3種パックの紺ハイです。
このスカートは新しいアイドルグループSUPER☆GiRLSとのコラボ商品になるようですが、特に商品や売り場にインフォメーションはありませんでした。知る人ぞ知るコラボですな……。
着用見本画にあるハイソックスとミニハットが商品じゃなかったりするのは、ちょっといかがなものかと思いますが、うーむ。

シーナが着ているのはST3と、エクステジェニーのスカートと帽子。ステッキはサーカスブラボーリナより拝借。
マーチングバンド風? キラキラ感ある素材でコスプレっぽいです。ニューフェイスのジェニーはこういうの得意そう。


シーナ&フローラ2

80年代のフレンズ、なかでも穏やかな雰囲気のシーナとフローラ。
今のキラキラ、ミニスカはちょっとキャラと違うかもしれませんが、このおっとりした雰囲気に着せ替え遊びしていて、とても癒されました。

夕方、大急ぎで撮影したので、写真がちょっとアレですが、こんな風にもなるのかという参考になるでしょうか。

リトルファクトリー(リカちゃんキャッスル)のブログによると、タカラトミー社の社長・副社長が励ましに来られたとか。
ぜひ、その訪問が水面下での商品開発の相談であることを願います。
タカラトミーさん、今こそ良質な国産のリカちゃん、ジェニーたちをどんどん発売して、このウェアたちがもっともっと売れるようにしましょうよ!
それが、被災地にある会社・従業員の方々への何よりもの支援になるはずです。

と、雄叫んだところで、今夜はもう寝ます。


夏のお人形お茶会:その2。

リカちゃんキャッスルのイベント、リトルファクトリーin神戸の開催されている今日ですが、北国からは参加できないので、着せ替えお茶会の写真、後半編です。
まずは選抜メンバーで浴衣にお着替え。意外なことにハルカさんは浴衣をお持ちではなかったということで、拙作の浴衣を着てもらいました。そういえば、うちにもタカラのジェニー用浴衣はありませんでした。

ところで、今日のリトファ神戸でお披露目されるお城の浴衣コレクション、いいデザインとドールの選択ですよね。白髪のユリーシアと青地に黒猫の浴衣が欲しくなります。

さて、浴衣の4人娘にクローズアップ。

和風マリーン。

浴衣というより単衣の着物なのですが、黒髪のマリーンが着るとまるで時代劇のよう。このスミレ色の瞳が東欧から来た人ぽいかも。このヘアスタイルチェンジ、大成功だと思います。

一方、留学生が浴衣着せてもらいましたって感じの金髪シーナさん。

清楚なシーナ。

清楚な雰囲気で、なかなか渋い柄の浴衣を着こなしています。
アイプリが反射して写真映りが難しいドールなのですが、直に見るととてもかわいらしいです。

最後はリエ合わせ。

浴衣のリエペア。

田舎の女の子と都会のお姉さんみたいです。逆の柄だと似合わないだろうなぁ。

せっかくペアになったので、続けてリエ組の着替え写真いきましょう。

リエ姉妹。

デフォルトです。ハルカさんちのリエはリトファオーダーなので、本来はお城のワンピースがデフォですが、レイストリンさんお手製のピンタック入りブラウスと、リトファのプリーツスカートを着てきました。このブラウス、実物を見ると、すごくきれいな縫い目で感服です!

お約束の取り替えっこ。

とりかえっこ。

ボブリエはスクールガール風得意ですが、リトファリエはカントリーガールじゃないですねぇ。都会から来た従姉妹が牧場に入ってみました的な。


お次は、清楚なシーナの2人組をお揃い衣装で。

シーナーズ。

幼稚園~大学まで一貫教育のお嬢様学校で育った幼なじみみたいだねぇ、なんて言いながら撮影。男の子とまともに喋ったことなさそう。
左がうちの灰箱シーナ、右がハルカさんちの茶箱シーナ(ヘアリメイク)です。

次はマリーンズ。

マリーンズ。

元・赤穂浪士マリーンと、茶箱2ndマリーンです。まるで別の国の人ですね。
2人ともそれぞれの持ち主が手作りしたワンピースを着ています。


最後に違う意味のペアを二組。

ラブラブな2人。

ハルカさんちのジェーン&マイク。南国の幼なじみカップルです。
まぁ、なんてラブラブしいムード。
それに引き替え……。

仲間ぽい2人。

うちのエリー&レイフ。お揃いのBECKTシャツなのに、なぜかラブラブ感がありません。
後にこの写真を見たダンナに、
「長年組みすぎて楽屋で会話もしなくなったボーカルとギターのよう」
と言われてしまいました。

他にもいっぱい撮影したので、いずれ小出しにするかもしれません。
1フレンド1体を心がけているので、こんな風に同じフレンドのタイプ違いを並べてシーンを作る遊びがとても新鮮で楽しいです。

今度はこんなに間を空けずに、わたしが身動きとれるうちにまた遊びましょうね、とお別れしました。
ハルカさん、楽しい時間をありがとう!

さて、モチベーションもかなり上がったので、久々にジェニー服を作ろうっと。


シーナさんの誕生日。

10月10日はシーナさんの誕生日をお祝いしてました。
今年初めてお迎えしたドールです。その時の日記はこちら

どんなウェアが良いかなかなかわからなかったのですが、このロマトップのトラッドなスカートが本当に良く似合ってます。
すこし小さめの顔立ちなので、リアルクロース路線が似合いそうかなぁ。
いつか、自分の手でデザインした“シーナさんの為の”ドレスを着せてあげようね。


うらべっち

うらべっち

青森県弘前市で着せ替え人形の楽しさを発信しています。
ジェニーとリカちゃん、たまにBetsy。
ワークショップ、訪問キセカエヤもしています。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

RSS 2.0 Login