キセカエヤ blog

青森県弘前市で着せ替え人形の楽しさを発信しています。

144ページ目

CG2003・国際科ジェニー。

まんだらけで見かけたジェニーの中で、書かなかったのは、
2003年度のカレンダーガール「国際科外語コース2年 ジェニー」でした。
そして今日、今年2人目のお迎えとなりました。
今のジェニーはほとんど中国産なので、国産のNewジェニーは初めてです。
バッグや眼鏡、学生証など色々なアイテムが入って1500円ちょっとで買えたのはラッキー。
さっそく箱から出して可愛がっています。

国際科外語コース2年ジェニー

マユが細めできりりとしたお顔です。

先日作ったスクールガールな衣装を着た旧型ジェニーと並べた写真も撮ってみました。
2人のジェニー。
うーん、頭身バランスがかなり違いますね。お人形らしい可愛い系の服は旧ジェニーが、カジュアルで現代風の服は新ジェニーが着ると良さそうです。


リボンタイに苦戦。

ブラウスとスカートに一週間遅れて、リボンタイとハイソックス完成です。
リボンタイは縫うのも、表に返すのも大変でしたが、リボン結びに一番時間がかかりました。なかんなか形が決まらずに、1時間近く結んだりほどいたりしてました。

スクールガール夏服版


モデルは15ageジェニー。この幼さはまだ中3でしょうか。
15歳ジェニー


前開きのYシャツ作り。

スクールガール

ジェニーのドールブック「No.18カジュアルウェア」に掲載されている作品を作り始めました。
制服です。Yシャツを作るのは10年以上久しぶり。手順をすっかり忘れていて、えり付けに難儀しました。3回もほどいて縫い直してしまったので、近くで見るとよれよれです。

シャツ

シャツ作りは、ちょっと縫ってはひっくり返して、アイロンかけて、おさえミシンしての、繰り返しで細かいミシンかけが面倒。もうやだと思うけれど、新刊のゴスロリブラウスはもっと難しいので練習あるのみ。

下のタータンチェックのプリーツスカートは、本の通りではなくまったく適当に作りました。
本を見るとえらく難しそうで…。
とりあえずリボンタイが出来るまでリボンを結んであります。
リボン結びもいまだに出来ない。基本的には不器用なのです。


※楽天ブックス
ジェニー(no.18)


ドールブック新刊入手♪

 近所のTSUTAYAに入荷してました「ジェニーno.21 ゴシック&ロリータスタイル」
次の給料日まで待とうかと一時はがまんしたけど、やっぱり欲しくなって買ってしまいました。
誕生日に頂いた図書カードを使用しました。ありがとう伯母さん!

 で、さっそく中を見てうっとり。いままでゴスロリには興味なかったのだけれど、先日テレビで「下妻物語」を見てちょっと見直したばかり。フカキョンを初めて可愛いと思ったもの。
 小森桃子さんが手がけられたドレスは、パターンも縫製も手が込んでいて美事!
 型紙のページがごちゃついてなくて見やすいのも嬉しいです。
 ああ、どれを作ってみようかな♪

ジェニー(21) ジェニー No.21 ゴシック&ロリータスタイル


オビツボディをお試し中。

obitu1.jpg

日曜にドールイベントで買ってきたオビツボディを試しています。
ボディを他社製品と交換するのは初めて。
うちのジェニーたちは子どもの頃から遊んでいた子が多いので、首を抜くのがダメってことはないのですが、やはり十数年ぶりの事なのでちょっと抵抗感ありました。
最初に手に持ってみた時の感触……
プラモデル!
まぁ、当たり前ですが、女児玩具ではなく、大人のホビー用なわけで。
模型とか素体という言葉がぴったりです。
実際、連れ合いは「この関節の処理はガンプラだ」と言ってました。
露出少なめの衣装を着せると、それほど継ぎ目も感触も気になりません。
ポーズを色々ととらせてみるのはなかなかに面白いです。

obitu2.jpg

意外とこういう座りポーズとか、小首をかしげるとか、腰をひねるとかに魅力を感じています。
休みの日にはもっと試してみようっと。