キセカエヤ blog

青森県弘前市で着せ替え人形の楽しさを発信しています。

144ページ目

タカラっぽく。

ワンピース

この頃作る服がマニアックになっていたので、反省して簡単なワンピースを作りました。
イメージとしては旧タカラのジェニーが着ていそうな服。
もっとゆったりしたラインにするつもりだったけど、脇の縫い合わせに失敗して細身になりました。

ワンピース ベルト有り

共布のウェストベルトも作成。
髪を結んでいるのは先日100円ショップで買ったヘアゴムSです。直径2cmでちょうど良い感じ。


教室のオリーブ先生。

オリーブ先生

ちょっと撮影の仕方を工夫してみました。
こんな先生いたら、もうちょっと学校好きになれたかなぁ。

先生と生徒たち。

背景写真はSo-ra様よりお借り致しました。ありがとうございます。


オリーブ先生。

オリーブ先生

いかにもキャリアウーマンなスーツを作りたくて、ジェニー本を開きました。
が、意外と普通のスーツが無い。スタンドカラーとかはあるけれど。
無いものは作ろう、と以前べるはうすさんで買ったスチュワーデス風スーツを参考に型紙を作ってみました。
これがなかなか大変!
1つ目は前身頃と後ろ身頃が段違いになり、2つ目はもっと形が変になってジャケットとは呼べないものになり、3つ目になってようやく、「このへんで手を打とう」という形になりました。

この後、スカートも2回目で完成、シャツを作る頃には力尽きて、もうこれでいいや、と1発目を採用。衿が小さすぎるのですけどね。
やっぱりテーラードのジャケットは難しかったです。さすが。

このオリーブは初代のカールヘアのもの。もうカールが効かなくなっていてざんばら髪になるので、アップ専用です。しかも前髪も切っちゃったりしてたし…。
子どもの頃って無茶をしちゃうのですよね。
そんな扱いにも負けずにきりりと先生のような雰囲気のオリーブです。


リカちゃんもいいな。

ミシンを楽天カード決済した分のポイントが入ったので、楽天ブックスで「リカちゃん(no.11)」を購入しました。
うちにはジェニーたちはいっぱいいるけど、リカちゃんはいません。
この頃リカちゃんもいるといい絵になりそうと考えることがしばしばあり、リカちゃん狙ってます。
先日買ったジェニーの「ジェニー(no.21)ゴシック&ロリータスタイル」が良かったので、同じ小森桃子さんが手がけられているリカちゃん本を選びました。
ジェニー本はどんどん上級者向けになっていくけど、リカちゃんは対象年齢が低いのか、初めてのママさんを想定しているのか、基本も丁寧に書かれていて参考になります。

ゆかたリカちゃん 1きんぎょ

リカちゃんも今はほとんど中国産だけど、ゆかたときものシリーズは国産。
このボブスタイルのリカちゃんがとにかくかわいく見えて悩ましいです。
ジェニー買ったばかりだから、もう少しがまん……できるかなぁ。


POP☆なジェニー。

POP☆ジェニー POP☆ジェニー

国産ジェニーをほめたたえた後ですが、中国産のジェニーもよく選んでちゃんと光を当てて撮ると、とてもフォトジェニックです。写真を見て惚れ直しました。
衣装は今年初めて作ったもの。ミシンを買う前だったので手縫いです。
今にも踊り出しそうな雰囲気が気に入っています。


うらべっち

うらべっち

青森県弘前市で着せ替え人形の楽しさを発信しています。
ジェニーとリカちゃん、たまにBetsy。
ワークショップ、訪問キセカエヤもしています。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

RSS 2.0 Login