キセカエヤ blog

青森県弘前市で着せ替え人形の楽しさを発信しています。

ミニチュアサイズのワンピースとこもの:花柄ワンピースとトランクづくり


かなり季節を先取りしてしまいますが、こんなリゾート風ワンピースを作りました!

お手本は、ブティック社の「ミニチュアサイズのワンピースとこもの (レディブティックシリーズno.4519)」。

なるべく本に書いてある通りに、忠実に、を心がけて、ワンピース2着とトランク1個を作ってみましたよ。


なつかしのブティック社の紙面


ドール服の型紙本と言えば、ドール・コーディネイト・レシピなどのグラフィック社、昔のリカちゃんジェニー本を出していた日本ヴォーグ社、最近ではナツメ社などもありますが、ブティック社はあまり無かった気が…。

あれ、この紙面、何かなつかしい…。


どこかなつかしい紙面

どこかなつかしい紙面


そう言えば、子どもの頃、「バービーブティック」という本を買ったもらったのが、お人形服作りのスタートだったのでした!

ジェニーじゃなくて、マーババービーの。

でも、違いがわからなくて、タカラバービー→ジェニーに着せてましたけどね。

その時の紙面の印象とちょっと似ているのでした。

本の通りに作ったら、新しい発見の連続でした

お人形服をずっと作っていると、それなりに流れがわかっていて、自分のやり方もできているのですが、今回はせっかく見本通りの布も手に入ったので、本の通りに作ることにしました。


身ごろと見返しは粗裁ちしてリボンを挟む

身ごろと見返しは粗裁ちしてリボンを挟む

縫ってから余分をカットして返す

縫ってから余分をカットして返す


やってみると、けっこう細かなところに新しい発見がありますね!


ギャザー寄せの糸は後で抜いていいよね…

ギャザー寄せの糸は後で抜いていいよね…

後ろ開きの始末が独特でした

後ろ開きの始末が独特でした

リカちゃんとジェニーに着せてみた

リカちゃんとジェニーに着せてみた

完成!!

22cmドールのリカちゃんはもちろん、27cmドールのジェニーにも着られました。ちょっとハイウェストになりますけど。

このジェニーはいただきもので、'90年代半ば~後期くらいと思われます。

細眉でリゾートファッションが似合いますね。

さらに、オビツボディ(24cm・S胸)にも着せることができました。

ホルターネックなので、リボンの結び方でわりと調節ができるんですね。

次は布貼りトランクを作ります

さて、日を改めて工作タイムです。

牛乳パックに布を貼ってトランクを作ります。

実はこの時点で裁断パーツを一個間違えていて、切り直しました。

牛乳パックにひたすら布をボンドでつけて、組み立てていきます。

手がべたべた…。

飾りパーツはあるもので。

意外とCカンがなくて丸カンを付けました。

ビーズもちょうどよいのがなかったので、デコドレス用のパーツを。

リカちゃんを合わせてみると、こんなサイズ感です。


リカちゃんとトランク

リカちゃんとトランク


フタはなんちゃって留め具なので、そっと閉じてあるだけです。


布貼りトランク

布貼りトランク


中もがんばりました!

ギャザーポケット付きです。



中身はリーメントのぷちサンプルシリーズと、パンのセットは「ママフェスタ」でごいっしょしたねんど工房 koneRuさん(@miwa_koneru)の作品。

2人でなかよくスケッチピクニック。


おそろい花柄ワンピでピクニック

おそろい花柄ワンピでピクニック


青い花柄のトランクも作らないとですね。

ミニチュア本なんだけどリカちゃんもたくさん登場

この本、仕立てがあまり難しくないワンピースと、バラエティに富んだ小物づくりが載っています。

ちょっと前に角巻と合わせたファーケープもこの本の型紙から作りました。

ミニチュアサイズの~ということで、お人形がなくてもハンガーやトルソーに着せたり、ボードに貼って飾ったりする用途を提案されています。

でも、着画モデルとしてはリカちゃんも多数登場。

作り方はいくつかのワンピースが途中まで同じで、その同じ部分は前に詳しく書いてあるから〇ページを見てね、という方式なので、何度か行ったり来たりはします。

でも、それほど難しくはないので、すでにお人形服を1回でも作った方なら、だいたいわかりそう。

逆に、これまで作っていたやり方とは別の方法を書かれていたりして、
「そんなやり方もあるのか!」
と参考になりました。

お値段も1000円弱(+税)とお手軽なので、おすすめですよ。


Facebookページでも日々発信♪