キセカエヤ blog

青森県弘前市で着せ替え人形の楽しさを発信しています。

リカちゃんキャッスルで7歳息子と「自分だけのリカちゃん」つくってみた

リカちゃんキャッスル内「お人形教室」

リカちゃんキャッスル内「お人形教室」


さて、リカちゃんキャッスルの中の工場で作られたリカちゃんが、よりどりみどりで選べる人気のコーナー「お人形教室」へ移ります。

このお人形教室は、リカちゃんキャッスルの地方出張イベントでも大人気。

2~3千円台でかわいい国産のリカちゃんとドレス・小物が選べます。

なかなか見かけないようなヘアカラーのリカちゃんもたくさんいましたよ。


お人形教室で選べるリカちゃん

お人形教室で選べるリカちゃん


お人形教室スペシャルリカちゃん

お人形教室スペシャルリカちゃん


こちらは髪型が凝っているお人形教室スペシャルリカちゃん(3,400円+税)の山。

カールヘアや三つ編み付き、ボブカット、ショートカット、アフロなど様々なヘアスタイルとカラーのリカちゃんが並びます。

瞳のポイントになるカラーもちょっとずつ違うんですよ。

もう一つのスタンダードなお人形教室リカちゃん(2,400円+税)は、みんなロングストレートで、ヘアスタイルは前髪がちょっと違うくらい、ヘアカラーは色とりどりです。

ここでカゴを持って、
①リカちゃんを選んで、
②ドレスを選んで、
③小物セット(帽子、イヤリング、靴、ブラシ)を選びます。

(※小物・ドレスの単品販売、ドレス2枚・3枚コースは2017年より廃止されています)

「おれもリカちゃんをつくる!」と息子は言った

「おれもやる!」
と言い出した7歳の息子。

息子も自分のリカちゃんが欲しくなったようです。

母子2人で真剣にリカちゃんを吟味する姿を夫が撮影。


息子が悩んだこと。

お人形はスペシャルのリカちゃんが気に入ったのに、ドレスはスタンダードにあった服が似合うということです。

水色ショートカットのリカちゃんに、黄緑のワンピースを合わせたかったのですね。

スペシャルの方にはひらひらドレスばかりたったのです。

スタンダードのドレスはスタンダードのリカちゃん、
スペシャルのドレスはスペシャルのリカちゃん、
と、コースによって選べるドレスが違います。

本当はスペシャルの方が豪華なんですけどね。

わたしはスタンダードのリカちゃんが欲しかったので、ドレスは後で交換してあげるし、何なら帰ってから作ってあげるから、と約束してどうにか選ばせました。

はじめての着せかえ


着替えさせる

着替えさせる

お会計をしてから、店内のちいさなテーブルとイスに座って買ったばかりのリカちゃんを着替えさせます。

「あれ、どうやって着せるかわからない」ととまどう息子。

そうか、普段から遊んでないと、簡単な袖なしのドレスでも着せ方がわからないものか。

女の子だと、自分がスカートやワンピースを着たりするから、教えなくてもできるのかもしれませんね。

そして、着替えたリカちゃん2体がこちらです。

左の濃いこげ茶髪リカちゃんがわたしの、右の水色ショートが息子のです。


左がわたしの、右が息子のリカちゃん

左がわたしの、右が息子のリカちゃん


目屋リカちゃんといっしょ

目屋リカちゃんといっしょ

家から連れてきた目屋人形リカちゃんと並べてみました。

この子も、昨年(2016年)のリカちゃんキャッスルin岩手で買った「お人形教室スタンダード」のリカちゃんです。

目屋人形スタイルになるために、ぱっつん前髪をセンター分けにしてお湯パーマと水ノリで固めてます。(ちょっとほつれてきてますが…)

そっくりだけど、ちょっと違うという2体です。


さあ、撮影会だ!


息子、
「ちょっと戻っていい?」
できたてのリカちゃんを手にして順路を戻ります。
(戻ってOKです)

そして、リカちゃんミュージアムにあった、福島の背景パネルで撮影できるコーナーまでたったかたったか。


福島の背景で写真が撮れるコーナー

福島の背景で写真が撮れるコーナー


わたしからデジカメを奪って、リカちゃんの撮影を始めます。

うーん、親の遊び方をよく見ている。


三春滝桜の前で

三春滝桜の前で


「はい、1カメ! 2カメ!」
って言いながら、後ろからも横からも撮ってたのは、誰の真似なのか…。



こちらはわたしが撮った写真。


スパリゾートハワイアンズでフラダンス

スパリゾートハワイアンズでフラダンス


アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしま


注意! お人形教室リカちゃんには(現在)スタンドが付いてません。
家から持って行くか、現地で買いましょう。

わたしはあらかじめ2つのスタンドを持って行きました。

リカちゃんのお部屋でもバシバシ!

ファクトリー見学コーナーからお人形教室までのあいだに、実物大のリカちゃんのお部屋コーナーと世界旅行コーナーがあります。


なりきり撮影ルーム

なりきり撮影ルーム


ちょっと右奥の方に見えますが、なりきりドレスを無料で借りられる(女性のみ子どもサイズ~160cmまで)ので、リカちゃんになりきった女の子たちが記念写真を撮ったりしています。

ここでも、息子は自分のリカちゃんを置いてバシバシ撮影してました。


日記帳とリカちゃん

日記帳とリカちゃん

バースディケーキとリカちゃん

バースディケーキとリカちゃん


最近、自分は男だとこだわる息子、こんなピンクだらけの場所に連れて行って大丈夫かと思っていましたが、予想以上に楽しんでくれていました。


うちに帰ればまたガンダムのゲームをしてますが、たまにわたしが着せ替えをしていると自分のリカちゃんを着せ替えて遊んだりも。

なかなか福島に来られなかった最大の理由は、母親の趣味だけのために、夫と息子を片道6時間以上かかるお人形だらけのお城に連れて行っていいのかなぁ?でした。

今回は、息子が「かあちゃんの夢のおしろにいって、いっしょうのおもいでをつくろう」と言ってくれたので実現しました。

ありがとうありがとう。

いつか、思い出して笑い話にするかもしれないけど、ハハはうれしいよ。

さて、次は職人の技術をこらした一点物のお人形たちです。

オーダーのメニューも収録しましたよ。


【関連記事】





Facebookページでも日々発信♪


うらべっち

うらべっち

青森県弘前市で着せ替え人形の楽しさを発信しています。
ジェニーとリカちゃん、たまにBetsy。
ワークショップ、訪問キセカエヤもしています。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

RSS 2.0 Login