弘前末広に復活のらぁめん満来(ばんらい)で、初めての満来めん!

末広のらぁめん満来

末広のらぁめん満来


「あのらぁめん満来が復活!!」と写真つきの投稿がSNSに流れてくるようになった7月。

友人からお誘いをいただいて、真夏日にアツアツのらぁめんを食べに出発、主婦3人でランチしてきました。

(※この記事は、2017年7月20日時点のレポートです)


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年08月08日 | Permalink

弘前ねぷたまつり2017年、弘前市民が随時写真と動画をアップしていくよ【20170807up】


本町ねぷた愛好会の扇ねぷた「水滸伝九紋龍力闘の図」(20170801撮影)

本町ねぷた愛好会の扇ねぷた「水滸伝九紋龍力闘の図」(20170801撮影)


弘前の短く熱い夏を盛り上げるねぷた祭りが始まりました!

8月1日から7日までの一週間、弘前市内は祭りムード一色です。

わたしにとっては5回目になるねぷた祭り。

ねぷたを見てきたら随時こちらの記事に写真と動画を掲載していきます。

写真はクリック、タップすることで拡大します。

※実物を見る前にネタバレしたくない方は見ないでくださいね!


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年08月07日 | Permalink

2017年7月のblog運営報告:久々の月間7万pv超え。ここからは1年前の自分との勝負!

2017年7月の月間PV

2017年7月の月間PV


月初恒例のブログ運営報告です。

7月は、今年1月以来2度目の月間7万pv超えになりました!

でも、そろそろ昨年の自分との勝負の時期になってきましたよ。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年08月01日 | Permalink

青森・田舎館村の田んぼアート2017が過去最高に精密になった理由

田舎館村田んぼアート第1会場「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」(2017年6月28日撮影)

田舎館村田んぼアート第1会場「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」(2017年6月28日撮影)


田舎館村田んぼアート「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」(2017/07/08撮影)

(2017/07/08撮影)


田舎館村の田んぼアート第一会場「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」(2017/07/24撮影)

田舎館村の田んぼアート第一会場「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」(2017/07/24撮影)


今年も来ました青森県田舎館村の田んぼアート!

人口約8000人の村が稲でつくる一大絵巻です。

今年は「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」「桃太郎」、神話と民話がモチーフになったオリジナル図案。

第一会場の「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」は、7色13種類の稲を14,500点ものポイントで区切って描いたそうです。

田舎館村の描画レベル、どこまでいくのか…。

これまで、田植えから3週間ほどの6月28日、さらに10日後の7月8日、見ごろ宣言後の7月24日に行って撮影してきました。

その変化を随時更新してお知らせします。

これは、見ないと損ですよ!


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年07月31日 | Permalink

2017年も始まりました平成まんじ札!まずはヒロロから駅前地区を攻略するよ

まんじ札MAPを手に配布所チェック

まんじ札MAPを手に配布所チェック


今年も始まりました『平成まんじ札』

かつて、昭和時代に弘前の子どもたちが熱中して集めまくったというお札です。

平成に青年会議所が中心となり復活。

昔まんじ札を集めていた子が、今は配布する側のお店や施設を運営する立場になっていたりするイベントです。

うちは、昨年に小1だった息子と初めてまんじ札集めにチャレンジ。


しかし、エリアが広かったのと、ねぷた祭り前の時期にすでに配布終了している場所が多く、コンプリートには遠く及びませんでした。

今年は配布所が40カ所と20カ所近く少なくなっており、ほとんど市街地に集中しているので、高学年の子どもなら親が付き添わなくても自転車でコンプリートできそうです。

うちは2年生なので、親子でスタート。

まずはヒロロに駐車して、駅前地区から攻めてみました。


投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 2017年07月28日 | Permalink