弘前土手町のしたどてスカイパークが日曜無料と聞いて5時間停めてみた結果

下土手商店街の立体駐車場したどてスカイパーク

下土手商店街の立体駐車場したどてスカイパーク


弘前市の中心地、下土手(したどて)商店街で買い物をする時によく利用する立体駐車場「したどてスカイパーク」

実は2016年夏ごろから清算機が変わったり、ちょこちょこと料金変更があります。

最近では、毎週日曜日10時〜18時の駐車料金無料(2017年7月2日~2018年3月末)というお知らせが流れてきました。

さっそく初日の7月2日(日)に16時~21時過ぎまで5時間以上の駐車をしてみました!

その結果、いくらの駐車料金を払ったのかをお知らせします。

日曜日の土手町ショッピングのご参考にどうぞ!


な、なにも掲示物が無いのですが…


7月2日は弘前城本丸エリアでダンスバトル、クラフト、音楽、プロジェクションマッピング、はしご車体験などミックスにもほどがあるイベント「SHIROFES.2017」が開催されていました。

わたしはプロジェクションマッピングとダンスバトルトーナメントの終盤、友人のハンドクラフトブースをお目当てに出かけました。

プロジェクションマッピングは日がすっかり落ちた後の20:30~なので、16時過ぎにのんびりと出発。

せっかくだから、18時まで無料のしたどてスカイパークに駐車してみることにしました。

ほ、本当に無料なのかな?と心配になるレベルで何も出入り口に掲示無いし、普通に空きありました。


特に日曜無料の案内は1階の出入り口に無し

特に日曜無料の案内は1階の出入り口に無し


そして、はしご車に乗ってるりんご飴マンを下から眺めたり、
屋台フードをつまんだり、
クラフトブースの友だちと喋ったり、
ダンスバトルの盛り上がりを見て、
最後の弘前城に照射するプロジェクションマッピングまで楽しんできました。


プロジェクションマッピング(by.ぱやらぼ)が終了した直後のにぎわい

プロジェクションマッピング(by.ぱやらぼ)が終了した直後のにぎわい


フェスについて語るのは別記事にして。

フェスが終わってから、ぷらぷらとしたどてスカイパークまで歩いて帰ります。


5時間停めて300円! 安い!!


そして、いよいよチェックアウト!

時刻は21時半を過ぎていました。

事前のお知らせ通りなら18時まで無料で、それ以降の3時間半の料金ががかかっているはず!!


16:27に入り

16:27に入り

21:40に出て300円!

21:40に出て300円!


はい、16:27~21:40の5時間13分駐車で300円でした。安い!!

え? あそこは19時までは1時間200円、19時~100円だから、合計500円じゃないかって??

チッチッチッ、情報が古いですよ。

2017年6月から17時〜翌朝9時まで1時間100円、上限300円なのです。

だから、このまま朝まで車を停めていたとしても300円だけです。

これは日曜日以外も同じなので、土手町や鍛冶町で長い飲み会がある時などは、したどてスカイパークが最安になります。


仮説:では提携利用したら夜間も無料になる?

次はこれを試してみたいのですが。

今回は夜間利用の300円のみ支払いました。

しかし、提携している中三百貨店で1円でも買い物をしたら3時間分の割引をしてもらえます。

この場合、300円から減算されて何時間停めても無料になるのかどうか?

中三だけではなく提携店で駐車料金割引サービスをしているので、日曜無料の日はそれが組み合わせられるのかどうか気になります。

やってみたらまた結果をこちらに追加しますね。

わたしより先に試してみた人がいましたら、ぜひ結果を教えてください。


Facebookはこちら