津軽一代様ってなに? という方の為に一覧MAPつくりました

津軽に来て初めて知った風習の一つ。

津軽一代様のことをご紹介します。

初詣の「一代様」というシステムを聞かされて戦慄している。自分の干支によって参拝する神社が決まっているんだって。津軽すごい。

Posted by りんご飴マン on 2015年12月19日

パッと2018年の一代様にジャンプしたい人はこちら!

津軽一代様(つがる いちだいさま)とは?

津軽地方では江戸の藩政時代から、自分が生まれた年の干支を守り神として信仰する風習があります。

新年や人生の節目節目には、その干支を奉ったご本尊をお参りしてきたそうです。

家族それぞれ干支が違えば、お参りする神社(寺)が違うわけです。

●参考リンク

津軽一代様一覧表

津軽一代様 | 一般社団法人 黒石観光協会のデータを元に、レイアウトを変更して一覧表にしました。

干支守本尊津軽の一代様所在地名称TEL
千手観音菩薩目屋の清水観音〒036-1441
弘前市桜庭清水流104
多賀神社0172-86-2952
丑寅虚空蔵菩薩百沢の虚空蔵様〒036-1343
弘前市百沢字寺沢29
求聞寺(ぐもんじ)0172-83-2373
文珠菩薩最勝院の文殊様〒036-8196
弘前市銅屋町63
金剛山最勝院0172-34-1123
文珠菩薩茂森(兼平)の天満宮〒036-8273
弘前市西茂森1-1-25
天満宮0172-32-5796
辰巳普賢菩薩愛宕様(勝軍地蔵)〒036-1302
弘前市大字愛宕字山下63
橋雲寺(きょううんじ)0172-82-3429
勢至菩薩袋の観音堂〒036-0412
黒石市袋字富岡112
白山姫(しらやまひめ)神社0172-52-5516
未申大日如来大鰐の大日様〒038-0212
大鰐町蔵館村岡12
大円寺0172-48-2017
不動明王古懸の御不動様〒038-0102
平川市碇ヶ関古懸門前1-1
国上寺0172-45-2446
戌亥八幡大菩薩弘前の八幡様〒036-8057
弘前市八幡町1-1-1
弘前八幡宮0172-32-8719

こうしてみると、丑寅(うし・とら)、辰巳(たつ・み)、未申(ひつじ・さる)、戌亥(いぬ・い)は同居していますが、子(ね)、午(うま)、酉(とり)は独立していて、卯(う)は2カ所にあるんですね。うさぎ、すごいな。

津軽一代様の一覧Map作りました

上のリストをCSV形式で書き出して、GoogleMapにアップロードして…一代様MAPを作りました。
作業時間15分くらいです。

ピンの立っているところを押すと、情報が出るようになっていますよ。

もし、なにか違うところがありましたら、お知らせください。

こうして見ると、黒石市の山の方あり、大鰐町あり、目屋など岩木方面あり、けっこう広いエリアですね。

一日で制覇するのはちょっと大変そうです。

秋に丑寅の求聞寺へ行って来ました


求聞寺(ぐもんじ)入口

求聞寺(ぐもんじ)入口


10月に西目屋・相馬方面を夫とドライブした時に、丑寅の守り本尊がある求聞寺を訪ねていました。


わたし、1974年生まれの寅、息子は2009年生まれの丑ですからね。
うちの場合は、ここにくれば2人分は済むわけです。

86世代のりんご飴マンも、イケダハヤトさんも、はあちゅうさんも寅年ですから、津軽一代様のお参りはこちらですよー。

ちなみに、ここは岩木山神社の裏手にありますが、車一台通るのがギリギリな石橋を渡ります。 絶対に凍結したり雪に埋もれた時に通るのこわい…。


境内へ上る石段

境内へ上る石段


根がつながっている夫婦杉

根がつながっている夫婦杉

夫、待って。ハアハア。

夫、待って。ハアハア。


けっこう長い石段を登って、ようやく境内に着くと…
いました丑と寅!


いました丑と寅!

いました丑と寅!


悠然とした丑

悠然とした丑

迫力の寅

迫力の寅


たたけない…

たたけない…

鐘を鳴らそうとしたらカメムシがいました。

ゴーンってできない…。


卯は最勝院と天満宮の二カ所に奉られています


最勝院の卯

最勝院の卯


なぜか2カ所に奉られている卯、その一つは五重塔で有名な最勝院になります。

以前、こちらの記事で卯年の一代様をご紹介していました。



もう1カ所は茂森の天満宮。

弘前公園から徒歩圏ですが、隠れた桜の名所です。


天満宮の卯

天満宮の卯


どちらも行きやすい市街地にありますね。

春の桜、秋の彼岸花を見に行く時に寄ってみましょう。


2018年~2019年は戌亥、弘前の八幡様です


2018年の戌(いぬ)年、2019年の亥(い)年は、弘前市八幡町の「弘前八幡宮」です。

年末の夕方に場所を確認がてら寄ってみました。


弘前八幡宮

弘前八幡宮


あれ? 戌亥の像はどこ??

もしかして、こちら!?


シルバーシートに覆われている戌亥の像?

シルバーシートに覆われている戌亥の像?


実物を見るのはお正月のお楽しみ、ですね。(※1/4記事後半に追加しました)

代わりに、大きな絵馬のような看板に書かれた戌の絵を撮影。


戌年の看板

戌年の看板


奥の本殿は江戸時代から400年の歴史がある国指定重要文化財とのことです。

natuさんが先月参拝されていますので、行けないけれどご興味ある方はどうぞ。


  • 住所:弘前市八幡町1-1-1

お正月には中まで車で入れません。近隣施設の駐車場を利用しましょう。


T字交差点の突き当りにあります

T字交差点の突き当りにあります



【201801追記】はちまんわんこ&はちまんうりぼうにご対面


八幡神社拝殿

八幡神社拝殿

初詣もちょっと落ち着いた頃に、参拝に出かけました。

しかし、戌亥の像は見かけません。

あのシルバーシートは像を覆っていたのではなかったのか?!

先日、友人から昨年の時に撮影したというかわいい木像の写真を見せてもらっていたので、どこかにはあるはず。

巫女さんにうかがったところ、拝殿にあるとのことでした。

祈祷も終わった時間帯でしたので、ご許可をいただいて中に入り、撮影させていただきました。


「はちまんわんこ」と「はちまんうりぼう」

「はちまんわんこ」と「はちまんうりぼう」


木像の説明書き

木像の説明書き


「はちまんわんこ」「はちまんうりぼう」は弘前八幡宮旧二の鳥居を解体した木材により製作されたものです。

長い間神社を守って参りました鳥居が、一代様であるいぬといのししとなり新しい形でよみがえりました。

平成24年=2012年ですから6年前ですね。

木像なので屋内にあるのかも。

つるんとしたかわいいフォルムです。

津軽に来たときは一代様へ

津軽独特の風習だけど、意外と津軽の人は独特なことに気づいていないという一代様。

東北には県外にもルーツがあるようですが、今もこうして生まれ干支の神社を参拝しているのは珍しいですね。

うちの場合は、幸いに子年の夫も岩木方面の一代様なので、楽に全員のお参りができそうです。

毎年、近所の神社に初詣に行っていますが、来年は一代様詣でをしてみましょうか。

旅行でいらした方も機会があれば、ご自分の干支の一代様をお参りしてみてはいかがでしょうか。

Facebookはこちら

Twitterは気軽にやってます