弘前街ナカゼミ:第2回はあちゅうさん「半径5メートルから始める夢の叶え方」を聞いてきた


行って来ました、弘前街ナカゼミ!

第2回は、特別ゲストはあちゅうさん(@ha_chu)の「半径5メートルから始める夢の叶え方」

行きたくても行けなかったあなたの為に、今回も速報レポートです。
今回は、はあちゅうさんのトークの前半と、ワークショップの後半に分けてアップします。

なお、こちらはあくまでも個人的なメモを元に書き起こしたものであり、発言者の意図とずれている可能性もあります。ご了承ください。

前回のレポート>弘前街ナカゼミ:第1回りんご飴マンの「渋谷から弘前へ転職してみたらカオスだった話し」を聞いてきた

参加者30名(満席)の至近距離でした


イギリストースト4種とリンゴのお茶

イギリストースト4種とリンゴのお茶


今回も会場は集会所indriya(インドリヤ)です。

ここに、あのカリスマブロガーでテレビにも出ているはあちゅうさんが来たら、どんな状態になっちゃうの?!

と、前回来た時にちょっと思っていました。
テーブルのレイアウトを変えて、満席で30名+スタッフ関係者の方々。

そりゃあもう、ぎっしりです。

熱気がムンムンでした。

Posted by 集会所indriya on 2015年11月18日

半径2メートル以内で聞ける贅沢


「月刊はあちゅう」のリーフレット

「月刊はあちゅう」のリーフレット

開始前にはあちゅうさんが入ってきて、「月刊はあちゅう」をコンパクトにまとめたリーフレットを、1人1人に配られていました。

青森県民のソウルフード「イギリストースト」4種類とリンゴのお茶をいただきながら、はあちゅうさんのトーク開始。


半径2m以内にいる はあちゅうさん

半径2m以内にいる はあちゅうさん

わたしから見ると隣の隣にいらっしゃるので、半径5メートルどころか2メートル以内です。近い!

手にしているノートにぎっしり書き込まれているのが見えて、すごく準備されている印象を受けました。

なお、開始前に主催者の方から、はあちゅうさんの意向として、写真・動画の撮影とSNSなどへの投稿OKとアナウンスされました。




「半径5メートルから始める夢の叶え方」


大学生の時の不安

大学に入った時から卒業することが不安でした。

それまでは、小学校、中学校、高校、大学と上を目指して進めばよかった。

でも、大学を出るところでレールは途切れてしまう。どうしたらいいか?

夢? 人生の目標? よくわからない。

会社に入れるのか? 会社に入ることが夢なのか?

大学生までの人生よりも、その後の人生の方がずっと長い。
何をしたらいいのかと不安に思い、本を読んだりセミナーに通ったりし続けました。

そして今、学生の皆さんに伝えたいこと

「そのままで大丈夫です」

夢がいつの間にか叶う方法

実は、夢が無かったということはなくて、2歳から作家になりたかった。

本が大好きで、字が読めないのに電話帳を逆さまに持っていたぐらい。
寝る時も必ず本を読んでいました。

本を出せる作家になりたいと夢を持っていて、高校生の3年間でたくさんの文芸賞やコンテスト、または出版社に作品を送っていました。

しかし、1次予選にもまったくかからなかったんです。

そんな時に、同世代の綿矢りささんが高校生で初めて書いた作品「インストール」が文藝賞受賞、その後に(蹴りたい背中で)芥川賞にもなって。
テレビを見ながら、神様に選ばれた人との違いを感じていました。

夢は叶わない。

夢は小さなサイズに縮小していった。

そして、大学生になりました。

大学に入って、今までやっていなかったことをやろうと、とにかく色んなサークルに入り、これまでなら選ばなさそうな授業を選びました。

女子学生サークルに入るとWebサイトの更新を任されました。
でも、FTP?HTML?とか全然わからなくて、なんで自分ばかりと思っていました。

そこへ2002年~2003年にかけてブログが日本に入ってきて、これならできる!とブログを始めました。

オフ会などにも参加して、女子学生ブログランキングの2位に入りました。

でも、どうしても1位になれない。
1位の相手を研究しているうちに、だんだんファンになった。
それが静岡の学生さきっちょのブログでした。

朝日新聞の学生記者として取材に行ったら、もう運命の出会いだった。

そこで、期間限定のブログ さきっちょ&はあちゅうの恋の悪あが記 を始めました。

モテない女子大生がクリスマスまでに彼氏をつくる、という企画で2人が交換日記のように更新していました。

当時2004年末頃は、メディアがブログに注目していた時期、ブログブームだったんです。

ブログが書籍化されて出版され、書店に並びました。

3年間、あれだけ作品を書いて投稿しても叶わなかったのに、
1年間、ただブログを楽しく書いていただけで夢が叶った!

でも、他の人にとってはたいしたことではなかった。

一瞬で「夢が叶った!」という時は過ぎていった。

この本を出す、という夢を叶えたことがターニングポイントになりました。

夢は叶う。夢を叶えるための努力は楽しくてもいい

ということを経験しました。

就職してみたら社会人楽しかった!

1年間香港に留学したりもして、23歳で電通に就職しました。

1年目は中部支社に勤務。コピーライターに憧れました。

入社2年目に社内の試験に合格して、東京へ。

ここでも夢を叶えることができました。

大学生の頃は、今が一番楽しい、こんな楽しいこといつまでも続くわけがない。終わらない夏休みのようと感じていたが、社会人になってみたら、
社会人の方が夏休み感ハンパない!
社会人楽しいじゃん!

タレントと会えたり、いっしょに仕事をして、制作したCMがテレビで流れたり。

ブログは就職してからも、1度全部やめようと思った事もあったけど、やっぱり続けていました。

つねざわ(経沢香保子)さんとの出会い

ベンチャー企業のトレンダーズのカリスマ経営者である経沢さんの講演会に参加して、ブログをきっかけに声をかけられて、たまにお食事などをする仲になった。

2011年9月、久しぶりにランチに誘われて行ったら、スカウトをされました。

まだ電通に入社して2年なので、内心、(どうしたら角を立てずに断れるだろうか)と思った。

「まだ転職とかは全然考えていなくて…」と言ったら、
「5年後はどうしたい?」と聞かれました。

もし、色々な条件を考えずに、自分がどうなっていたいのか、就職以来久しぶりに自分の将来を考えてみたら…

「旅をしながら文章が書きたい」とつるっと言葉が出て来て、自分でも驚きました。
あ、自分そういうことを思っていたんだって。

翌日、電通に退社届けを提出しました。

ここで働き続けている5年後の自分は、周りの先輩を見て想像できて。
それはできるけれど、でもベストではない。
もし、ここで誘いを断ったら、3ヵ月後に後悔するんじゃないか。

それよりも、新しい環境に飛び込んで自分を見つめ直したかったんです。

トレンダーズではyoutuberのプロモーションや、広報、サイトの編集長などをしていました。

今29歳で、もうすぐ30歳。
昨年9月にトレンダーズを退社してフリーランスになりました。

「5年後はどうしたい?」と問われた5年後が今。
「旅をしながら文章を書きたい」と答えた今、青森に来ながら本になる原稿を書いている。

海の見える家に住みたいという夢も、窓を開けたら海が見えるマンションに住んでいる。

夢が全部叶っているんです。

今もこれまでのことは全部夢で、消えて無くなってしまうんじゃないかと思う時がある。

夢の叶え方

目の前のことに熱中する

やりたいことをやる。そのことにとことん熱中する。

ブログを初めて10年、楽しいことを続けて夢が叶った。

小さな「やってみたい」を見つける

自分の中の「やってみたい」を無視しないで叶える。

小さな夢を叶えられない人は、大きな夢を叶えられないんです。

夢を叶えるクセをつける。

夢が次の夢を運んでくる。

人はやらない理由を探す方がうまい。
やらない→夢を忘れる→それを正当化する

夢を叶える為に、何かの行動をする。

小さな欲望を叶えるクセをつける。

そして、叶えたら、それを相手に伝える。

例えば、「あのレストランで食事をしたい」という夢を叶えて、それがすばらしく美味しかったら、その思いを伝える。(直接でもSNSやブログでも)

もしかすると、その時の期間限定メニューが看板メニューになるかもしれない。

もし夢を叶えてみて、思ったものと違ったら。そのレストランが美味しくなかったら?

それもネタにする。どうして違ったのか、どうだったらいいのか考える。行動の元を取るようにします。

未来は「今」の連続にある。今をないがしろにするといい未来は来ない。


もう、このお話しの終盤は、はあちゅうさんの名言100連発!というくらいで、とてもメモが追いつきませんでした。

さて、ここから参加者全員で自分の夢と向き合うワークショップタイムです。

以下、わたしの夢も入り込むので、次回に続きます!

【追記】
後編>弘前街ナカゼミ:はあちゅうさんの夢を叶えるワークショップに参加したら、色々あふれてきた

はあちゅうさんのプロフィール

はあちゅう

ブロガー・作家。慶應義塾大学法学部政治学科卒。
在学中にブログを使って、「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」
などのプロジェクトを行い、女子大生カリスマブロガーと呼ばれる傍ら、
レストラン、手帳、イベントをプロデュースするなど、幅広く活動。
2009 年電通入社後、中部支社勤務を経て、クリエーティブ局コピーライターに。
2011年12月に転職し、トレンダーズで美容サービス、動画サービスに関わる。
2014年9月からフリーで活動中。
2015年4月から日テレ「スッキリ!!」火曜レギュラーコメンテーターに。

月額課金制個人マガジン「月刊はあちゅう」、
オンラインサロン「ちゅうもえサロン」「ちゅうつねサロン」などを運営。
著者に「自分の強みをつくる」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
「恋愛炎上主義。」(ポプラ社)「半径5メートルの野望」(講談社)など。
雑誌、オンラインメディアなどでの連載多数。催眠術師資格を保有する。

ブログ:http://lineblog.me/ha_chu/
ツイッター:@ha_chu

はあちゅう 公式ブログ - プロフィール - Powered by LINEより引用

はあちゅうさんの著作は、まずこちらをおすすめ