アラフォーオカンのドラクエ日記

ファミコン世代のアラフォーオカンが、突然2DSLLとドラクエ11買っちゃいました。子育てと仕事の合間にのんびりプレイしてます。

子どもに冒険の書が上書きされたけど、中断セーブで元に戻れた話[ドラクエ11日記10]

仲間がそろってからのオープニング画面

仲間がそろってからのオープニング画面


さて、仲間もそろって、
ラスボスらしき存在の名前も明らかになり、
いよいよこれから!!


……
しかし、いろいろと忙しく遊ぶ時間がありません。

まさか、ドラクエの新作をがまんして1ヵ月も遊ばない大人になるとは思わなかったよ…。

で、わたしが仕事をしている間に、7歳息子がDQ11やりたいというので2DS-LLを貸したわけです。

「セーブはしないでね?」

「はーい」

でも、ちょっと話が進んだり、いいアイテムが手に入ったりしたらしく、無しにするのはもったいなくなったよう。

「これ、セーブしてもいい?」

「じゃあ、お祈りセーブしてもいいけど、2番の冒険の書に保存しておいてね」

「はーい!」

そして、数週間後、わたしがプレイを始めると…


これまでのあらすじ

これまでのあらすじ


話しが進んでいるやないかーい!!!

ジエーゴって誰?

その執事セザールのはからいって何??

セーブデータ「冒険の書」を見ると、同じプレイ時間のデータが2つありました……。

わたしが遊んでいたデータを上書きした後で、2番目の冒険の書に保存したようです。アカン。

そうだ、中断セーブがあった!!

細かなイベントも見逃したくないわたしは、もう戻れない過去に激しく落ち込みました。

ちょっとだけその冒険の書で遊んでみましたが、どうやってソルティコの街に着いたのかわからず、次にどこに行っていいのかわかりません。

その日はそれで電源を切って諦めました。

その数日後……

思い出しました。

そうだ、ちゅうだんしたセーブデータがある!!

これは、教会やキャンプなどでお祈りして冒険の書(最大3つ)にセーブするのとは別に、フィールドやダンジョンなどの途中で中断する為の機能です。

「さくせん」⇒「ちゅうだん」を選ぶとセーブして終了できます。

確か、ソルティコ目指して海に出た直後に中断したデータがあったはず!

電源を入れて最初に選ぶメニューで、
「ぼうけんをする」ではなく、
「ちゅうだんしたぼうけんをする」
で再開すると…

船に乗ってダーハルーネを出た直後の場面に戻れました!!

(このへん、写真撮る余裕がなかったので、文字のみです)

そして、対岸に降りてソルティコ方面に歩いて行くと途中にキャンプ地があったので、すかさずお祈りして冒険の書1に上書きセーブしました。

再開してみると…


時が戻った!

時が戻った!


息子が遊んだ2時間半分が戻ってきました。

ああ、よかった。

無事、ソルティコで水門を開門してもらいました

そして、海辺のリゾート地ソルティコに到着。

ちょっとだけカジノで遊んだりしてから、領主ジエーゴの館へ。

ジエーゴは不在だったのですが、ロウがおなじみだったので、すんなりと執事に水門を開けてもらいました。


開けてもらいました

開けてもらいました


たしかに、
「言ったら開けてくれたよ」
と息子が言うようにたいしたイベントではなかったのですが。

昔からドラクエの全テキストを読んでおきたいタイプなので、イベントを確認できてよかったです。

最後にソルティコでもお祈りしてセーブ。


パラレルワールド化

パラレルワールド化


今後、息子が遊ぶ時は冒険の書2を使って、絶対に1に上書きしないように言いました。

……いや、危ないのはわかってるんですけどね。


本日のまとめ

  • 冒険の書をイベント進んだ後にセーブされ落ち込む
  • 中断セーブデータから時を戻して復活
  • ソルティコに到着し、水門を開けてもらう
  • 勇者レベル23、総プレイ時間23:08

これで遊んでます